スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Good Luck !!

今月は仕事でピークがきていましたが、本日少し早く帰ることができました。ずーと将棋すら指している時間がなかったのですが、やっと24で一局指せました(^^♪。24で指すのはほんとに久しぶりです。緊張で思わずマウスをクリックする手が震えました。←ウソです(爆)。

それにしても、パワーで乗り切った日々でした。
疲れ気味の私にパワーをくれたのが音楽です(^^♪。
私は映画好きなのですが、それもあって、映画やTVドラマのサウンドトラックなどもよく聞きます。先週まで、私にパワーをくれたのが、Good Luck!!です!
Good_Luck.jpg
もうかなり前のドラマになってしまいましたが、2003年に流行った「Good Luck!!」ってキムタクが主演で出ていたドラマのサウンドトラックです。
2曲目の『Departure』。ドラマは見たことがない人でも、この曲は聞いたことがあるという人も多いと思います。気分が乗らない出勤前に聞くと気合いが入りますよ~。今もこの記事を書きながら、バックグラウンドで流しています。さて、今週もがんばりまっせー!24でもう一局指してきます(^^♪。
スポンサーサイト

WindowsVista登場

資格試験の勉強から解放されて、ようやく24で将棋が指せると思いきや、甘かった...またまた仕事で帰宅が深夜に^^;。とほほ。
いつになったら、24で将棋させるのだろう。もうかなり長いこと24で指してません。

仕事帰り、深夜にもかかわらず、秋葉原はにぎやか。
号外が配られてました。
Vista013001.jpg

そういえば、5年ぶりの新OS「WindowsVista」の世界同時発売開始でしたね。アキバも店によっては行列ができていたようです。
Vistaは新しいインタフェース「Aero」や、IE7のタブブラウザ化など、色々新機能が盛り込まれているようですね。でも、私は当分、今のXPを使う予定です。Windowsも早いもので20年経ちましたか。私はNECのPC98シリーズでMS-DOS上で遊んでいた時期がそんなに昔だったなんて思えません。時の経つのは早いものですね(笑)

第2回 コンピュータ将棋 世界最強決定戦 2007

今日、注目しているイベントがあります。
「第2回 コンピュータ将棋 世界最強決定戦 2007」
午前9時から開催です!
中継はこちら
今回の参加チームは、YSS、激指、TACOS、Bonanzaの4チームでどんな戦いを見せてくれるのか非常に興味があります。私は激指、TACOSは判らないのですが、YSSとBonanzaは普段、対戦させて楽しんでおりますので、私のところの対戦と比べてどんな違いが見られるのか、興味津々です。
大会に向けて、チューンUPしてくるでしょうから楽しみです(^^♪

P.S.
昨日、やっと資格試験が終了しました。
勉強のために、もう何週間も24での将棋を封印してきましたが、本日から解禁だぁ~(笑)。だいぶ感覚がにぶっていると思いますが(笑)

角道を止めない向飛車の難しさ(第56期王将戦第3局)

第56期王将戦第3局。この戦いに注目してました。
理由は佐藤棋聖が「角道を止めない向い飛車」を採用したからです。
佐藤棋聖は、以前、NHK杯対日浦七段戦(11/5放送)でこの戦法を採用して、快勝しております。
その後、私のマイブームとなりまして、私も24で何度か試してみました。
以前の紹介記事はこちらです。
こちらは穴熊に囲って、▲71角や▲72歩といった手が入れば、後は穴熊の堅さにものを言わせて自然と勝てるということで、いやーこんな戦法もあるのか!と目から鱗が落ちる気分でした。
ただ、24で何度も対局を進めていくうちに難しさも判ってきました。相手にじっくり指されて、左の銀、桂を捌ける展開にならないと、穴熊といえど、勝負に持ち込めないということも感じていました。
なので、佐藤棋聖がどう指し回すのか注目していました。
070124_59.gif
この局面、私は佐藤棋聖がうまく指しまわして手にしたかと思いました。が、以降の羽生さんの手順にシビレました。
△86歩▲同歩△65角!
△65角が急所の角打ちです。▲95飛と浮いてかわしたのに対して、その後の手順がまた凄い!△46歩▲同歩△38角成!▲同金△47歩と進んだ局面を見ると、堅陣であったはずの穴熊が見事に崩されています。
070124_68.gif
終盤、最後の最後まで佐藤棋聖の粘りは、素晴らしかった。しかし、これ以降は、相手が羽生三冠では、逆転は難しいという状況で、羽生さんが押し切ったという印象でした。
第56期王将戦第3局の棋譜はこちらでどうぞ。

本譜のように、左の銀、桂が捌けない型で相手にじっくり指されると、穴熊といえど勝つのは難しいと改めて思いました。あと、この型の振穴は思ったほど堅くないんですよね。この戦法もいいところばかりではなく、指しこなすのが難しい一面もあるなと思います。
と言っても、「角道を止めない向飛車」は非常に魅力的な戦法であることに変わりはありません。今後も研究を進めて自分の戦法にできればと思います。
「角道を止めない振飛車」については、クイーンさんのブログで、詳しく研究されております。そちらも必見です!

P.S.
仕事で忙しい日々が続きますが、時間がとれるようになったら、また「角道を止めない向飛車」を24で試してみますね!

今週を乗り切るぞ~

ふぁぁぁぁぁ。
今週は予想通り、仕事で激疲れ。
んでもって、パワーダウン気味。
明日も朝5時に起きて、6時に家を出ます。(っていうか起きられるのだろうか...)
午後の会議が始まる前に、一仕事終わらせなければなりません。
誰かヒールポーションくれー^^;
昔は、残業も何ともなかったのですが、年々、体が残業に耐えられない体になってきております^^;。

さて、AI将棋Ver13 VS 銀星6(思考エンジン:Bonanza)の時間無制限5番勝負第3局をご紹介します。第1局、第2局とBonaが連勝しました。毎回、色々な戦法で楽しませてくれます。今回はBonanzaが先手です。

第3局(Bonanza先手)

せめてもの長風呂で魂の洗濯をして寝ます(笑)
すごく映画見に行きたいものがあるんですが、今週は無理っぽいです。

頑張れ受験生!

第56期王将戦第2局は羽生さんの快勝と言っていい将棋でしたね。
これで、勝負は1勝1敗のタイに。羽生-佐藤戦の宿命の戦いは、さすがにどちらも譲りませんね。
棋譜詳細はこちらでどうぞ。

さて、東京でも寒い日々が続きますが、今日から大学入試センター試験ですね。
近くに大学があるということもあり、今日は試験会場へ向かう受験生と多くすれ違いました。私は大学入試というと、もうはるか昔の事になってしまいましたが、今でも昨日の事のように覚えています。緊張と、不安とで大変でしょうが、頑張れ!受験生!

と、センター試験の話題を出したのも、私も勉強で追い込まれております(^_^;)。
資格試験が目前に迫り、24での将棋もお休みして、勉強に追われている日々です。おまけに来週は、会社でもここ数ヶ月で一番大きなイベントを控えており、仕事でも多忙の日々。平日はなかなか勉強の時間はとれないので、休日頑張っております。気分だけは私も受験生ですね~(^_^;)。まぁ、大学受験の時のようなプレッシャーはないですが。まぁ今年は、今度の試験以外にも、別な資格にもチャレンジできればなんて思います。

さてさて、AI将棋Ver13と銀星将棋Ver6(思考エンジンBonanza)の時間無制限5番勝負の第2局です。今回はYSSが先手で、Bonanzaが後手です。2006年の「世界コンピュータ将棋選手権」では、決勝リーグでBonanzaに唯一、土をつけたのがYSSです。私にはBonaznaの気風は”猪突猛進の攻め”という印象がありますが、一方でYSSは”的確な受け”という印象があります。
第2局の棋譜はこちらです。

第2局(YSS先手)

さて、受験生も大変でしょうが、頑張ってください。私も資格取得へ向かって、突っ走ります。今日はこの辺で(^^♪

矢倉は将棋の純文学(第56期王将戦第2局)

今日から第56期王将戦第2局でしたね。
いやー、私としたことが、勘違いしてました。
仕事で今週から、来週にかけて、一つのピークがきてまして、
それに忙殺されて、王将戦のことをすっかり、勘違いしてました。
明日からだと思い込んでいました。というより、明日は木曜日だと思い込んでいました(爆)

今日は別な記事書くつもりで、PCに向かってたら、たまたま今日から対局だったことに気がつきました(笑)
先ほど、やっと棋譜見ました。
矢倉戦ですね。
「矢倉は将棋の純文学」とか、「矢倉を制するものは棋界を制す」とか言いますよね。まさしく、がっぷり4つの戦いだと思います。本格的な戦いになるのは、明日の午後くらいからですかね。
振り飛車党の私は昔は、矢倉戦になると全く興味なしって顔してたのですが、最近は自分の指さない色々な戦法が、すごく新鮮に見えます。振飛車党などと枠にはまらずに、今年は居飛車も24で試してみたいと思ってます(^^♪。
第一日目の終了図はこちら。
20070119000328.gif

棋譜再現はこちらを参照くださいね(第56期王将戦中継サイト)。

Bonanza対YSS 5番勝負!

最近、コンピュータ将棋で遊んでいます(^^♪
今の私のコレクションは、
 1.ボナンザ(無料配布バージョン)
 2.AI将棋Ver13
 3.銀星将棋Ver6
の3つです。
ちなみに思考エンジンは、
 1.ボナンザ(無料配布バージョン)→『Bonanza』
 2.AI将棋Ver13 →『YSS』
 3.銀星将棋Ver6 →『Bonanza』/『KCC将棋』(2つの思考エンジンから選択)
ちなみに、2006年の「世界コンピュータ将棋選手権」での成績は、
 優勝 Bonanza
 2位 YSS
 3位 KCC将棋
となっています。偶然ですが、2006年の大会のベスト3ですね。最も2006年の世界コンピュータ将棋選手権では、大本命の呼び声高い『IS将棋』(東大将棋の思考エンジン)が出場していなかったので、IS将棋が出ていたら別な結果になっていたかもという気もします。

この中から、AI将棋Ver13と銀星将棋Ver6(思考エンジンBonanza)で時間無制限5番勝負させてみました。時間無制限にすると、1局に1時間近くかかってしまいます。手動でやると大変^^;。実は銀星将棋6を買った一番の大きな理由なんですが、「銀星ツール」というものがついてきます。これ、任意の将棋ソフト2つを自動で対局させてくれるっていう、まさに、ものぐさな私にはぴったりのツール。これに惹かれて銀星6買いました^^;。
ただ、眺めているだけで、対局が進んでいく様子は、まるでネット中継のタイトル戦を眺めている雰囲気でした。
設定は下記です。可能な限り、最も強いと思われる設定にしてあります。
○AI将棋 
 思考エンジン:YSS2005 持ち時間:時間無制限
 思考エンジン設定:”強さ優先”ON
 ”対局中の先読み”:OFF
○銀星将棋6
 思考エンジン:Bonanza上級 持ち時間:時間無制限
 ”相手時間を利用する”:OFF

まずは、第1局目のご紹介(^^♪

第1局(Bonanza先手)
大駒切っての猪突猛進はボナンザの専売特許ですね~(笑)
まさにボナンザらしい(笑)
続きはまた今度(^^♪

○Bonanza対YSS 5番勝負! 第1局 勝ちBonanza

先日いただいたコメントで

先日、このブログに寄せられたコメントで、
”著作権違法だ!通報してやる”とのコメントを頂きました。
(半分、いたずらで書いてるでしょうが、随分な書き方ですよね(笑))ちょっと、これについて書きたいと思います。

続きを読む

まさかノロ!?

外は非常にいい天気です。こんな日はゆったり外を散歩したい。

ところが.....

下痢と吐き気に悩まされています(^_^;)。

もうあまり、マスコミでも取り上げられなくなりましたが、

まさかノロウィルス!?なんてことはないでしょうね(^_^;)

最近、食べたものは....そういえば刺身食べました。

でも、まさかね。

てなわけで、今日はいつも見てるNHK杯も見てません。

なんか熱も上がってきたような気が。。。。

外はいい天気なのに。。。とほほです。

P.S.誰か見た方いましたら、感想きかせてください^^;

佐藤棋聖先勝!(第56期王将戦第1局)

第56期王将戦第1局。佐藤棋聖の先手で始まった将棋は、70手で千日手になり、指し直しへ。千日手指し直しの末、挑戦者の佐藤棋聖が羽生王将を降して、第一ラウンドは佐藤棋聖が勝ちました。


第56期王将戦第1局千日手指し直し局
今日は昼休みに局面を確認した後、その後、夜遅く帰宅するまで、一度も盤面を確認できませんでした。帰宅して、どうなったのかなぁって、なるべく結果を目に入れにようにして、棋譜リンクへ直行。1手目、2手目と再生していくと...「あれっ、ゴキゲンになっている!棋譜見間違えた!?」(@_@;)←この時点で気づいていない(笑)
と、数秒、パニくった後に、千日手かぁ!って気がつきました(笑)
指し直しになってたんですね(^_^;)

それから、改めて棋譜を見ていったのですが。。。
佐藤棋聖、やっぱり序盤から、魅せてくれましたね。
25手目の▲82角は当然の一手と思いました。が、それに対する28手目の△54飛~△95歩の構想には唸りました。打ち込んだ角が働けないのみならず、標的になっている!すげーよ、こんな構想あるんかぁと、しばし呆然としました。こういう新構想が次々と飛び出してくる。これが佐藤将棋の面白さですよね!
しかし、羽生さんも本局、敗れたとはいえ、最後まで超強気な指し手の連続!さすが、宿命のライバル同士の対戦ですね。

次の第2ラウンドは18、19日です!

宿命のライバル(第56期王将戦第1局)

さて、今日から第56期王将戦7番勝負です。
今年も羽生-佐藤という例のカードですね(^^♪。
もはや、将棋界の”宿命のライバル”という気すらします。
将棋のタイトル戦では3連敗後の4連勝という大逆転劇はまだ、ないそうですが、昨年は羽生さんの3連勝の後、佐藤棋聖が3連勝して大いに盛り上がりました。今年も大激戦は必至ですね。

ライブ中継はこちら

habu_vs_sato01.jpg

【追記21:30】

第56期王将戦第1局
佐藤棋聖はすっかり、”序盤から何かやってくる”というイメージができましたよね。竜王戦で渡辺竜王相手に初手▲76歩に対して、2手目から△32金と上がった手は、序盤から心理戦だなぁって、とても印象に残っています。この”2手目から△32金”って、その後、24で流行ったんですよ(笑)。私、個人的に何回か遭遇しました(笑)。タイトル戦の与える影響って大きいのだなぁって思いました。最も、居飛車党に対して、”2手目から△32金”は揺さぶりになるかもしれませんが、私はもともと振飛車党なので、△32金を見た後、喜んで飛車振ってます(^^♪
さて本局ですが、序盤で佐藤棋聖、右玉も含みにする、駆け引きがありましたが、後手一手損角換りの過去に実戦例の多い型となりました。正面からガチンコ勝負ですね。明日は激しい戦いになりそうです。

冬ドラマ

4日、5日と有給休暇をとっていた私は、正月明け、今日(9日)からの出勤でした。正月はマターリモード全快で過ごしていましたので、社会復帰がつらい....朝、出勤時、久しぶりにスーツを着込み、マフラーをして出かけたのですが、会社についてiPodをしまい、マフラーを外したとき、

ムムッ!?何か忘れているような...

首が何となく、寒いなと思ったら...

スーツを着ながら、ネクタイするの忘れてました。_| ̄|○

うちの会社、別に私服でもいいのですが、仕事柄、顧客先に行く機会が多い部署なので、みんなスーツにネクタイなんですよね。今日はわざとネクタイを外しているかのように、振舞ってましたが、私の将棋同様に、朝から大ポカでした(笑)

さて、冬ドラが始まりましたね。
昨年は「結婚できない男」や「のだめカンタービレ」にはまりました。
さて、冬ドラは、何を見ようかなぁ。興味をそそられるものをチェックです。

まずは『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
これは知名度は抜群ですよね。私は読んだことがないのですが、原作は大ベストセラーとなったリリー・フランキーの自伝小説。今年の4月に映画公開も控えている感動の名作だそうです。今時点で私の冬ドラの注目度No.1のドラマです。主演は速水もこみち。1/8(月)9:00スタート。まだ見てませんが、第1回はHDDに録画しました。オフィシャルサイトはこちら

次は木村拓哉主演の『華麗なる一族』
金融業界の内幕を描く社会派人間ドラマ。キムタクは映画「武士の一分」での評価がとても高いです。キムタクやるな!って感じらしい。キムタク以外にも、キャストは主役級の共演者ばかり。野球で言えば4番バッターを揃えた以前の某球団のようなゴージャスなキャスティング。1/14(日)9:00スタート。オフィシャルサイトはこちら

あと気になるのは、篠原涼子主演の「ハケンの品格」ともう一つは、釈由美子主演の「ヒミツの花園」くらいかなぁ。

とチェックしてみましたが、いつも最終回まで見るドラマは1本あるかないか。見ないものは、HDD録画しても、最後まで見ないで消えていくってパターンなんですよね。HDD録画って、便利な反面、データだけがたまっていって、消化不良を起こします(笑)

今日のNHK杯(島朗八段VS鈴木大介八段)

今日のNHK杯戦3回戦第5局。島朗八段VS鈴木大介八段の一戦です。
解説は木村一基七段。

最近、24で新企画と題して「Xは誰だ」なんて企画が行なわれていますね。プロ棋士のHN @Xが24でアマの挑戦を受けるってやつです。私は@Xの対戦をリアルタイムで1戦だけ見たのですが、戦法は振飛車でした。その時は私は中田功七段か鈴木八段かなぁと思ったのですが、さてどうなんでしょう(笑)。詰みを読みきった後のマウス捌きが早かったので、今はPCを使い込んでいる若手四段棋士の方でないかと思ってます。

戦型は鈴木八段のゴキゲン中飛車に。得意戦法ですね。

NHK杯(島朗八段VS鈴木大介八段)
島八段は27手目▲24歩~▲46銀という積極策の攻めの構想でした。私はあまり見たことがなかったんですが、ゴキゲン中飛車に対して最近はこういう攻め方が多いのでしょうか。それとも島さんの研究筋?なのかな。大変参考になりました。
鈴木八段は46手目△23金を悔やんでましたね。47手目の▲55銀という大技がかかる展開になって、一気に流れは島八段ペースになり、島八段がそのまま押し切ったという印象でした。

さて、話し変わって、最近、私は岩盤浴がマイブームになっております。岩盤浴のお店で、新春のプレゼント抽選会があり、抽選で回数券ゲット!
IMG_010701.jpg
ヤッホー!こういうの私、全然当たらないんですが、新春から縁起がいいです。
最近、ずっと買ってなかったロト6をまた買い始めようかと思い始めている私でした(笑)

佐藤棋聖凄すぎ!

いやー寒いですね。冷たい雨が降っています。
今日は出かけていたのですが、外は冷えますね^^;
帰ってきてからは、ネットで棋王戦見てました。
第32期棋王戦挑戦者決定戦は第1局で敗者復活から勝ち上がった佐藤棋聖が深浦康市八段に勝ち、決着は第2局に持ち越されていました。
第2局は21手目に王手飛車がかかる超大乱戦!これって午前中から物凄い乱戦だったんですね。

第32期棋王戦挑戦者決定戦第2局
しかし、佐藤棋聖は凄まじいですね。
将棋界の公式7大タイトル戦のうち、佐藤棋聖は06年度は棋聖戦、王位戦、王座戦、竜王戦に連続して登場でしょ。
先日、王将戦への挑戦者にも決まりましたよね。
そして、今日、棋王戦も決めました。
7つのうち6タイトル戦ですよ!
...凄すぎる。
”対局過多”なんて言葉は、まるで関係ないみたいですね。
年が明けても佐藤棋聖の怒涛の勢いは続きますね。

ところで、話は変わりますが、私は今頃になって「韓流」熱があがってきております。「春のワルツ」見たい...今日、車で出かけたので、帰りにちょっと離れた場所のビデオ屋にも寄ったのですが、ありませんでした。_| ̄|○
多分、まだレンタルになっていないんですね。見れないとなると、余計見たくなるものなんですよね^^;

対57銀左急戦(自戦譜から)

久しぶりに自分の棋譜です。
と言っても、普段、24で指してて、なかなかブログで紹介できるような妙手ってないんですよねぇ~。とんでもない大ポカの手とか、笑えるネタならたくさんあるんですが(^_^;)みんなのブログで、妙手連発で24の自戦譜を紹介されているのを見ると、素直にすごいよなぁと思います。
というわけで、この棋譜も四間飛車の普通の対局なのですが、自分のために書き留めておきたいと思いましたので、紹介ではなく、自分用のメモです。今年はいずれこんな”将棋ノート”を作りたいなぁなんて思ってます。先手が私で、後手が二段の方です。

2007010401.swf
13手目▲78銀・・・後手が穴熊を目指すなら藤井システムでいくつもりでした。
27手目▲96歩・・・この歩は振飛車は突いておいて損はないというか、突けるなら突いておくべき手なんですね。理由は後の手順で。
36手目△22角・・・△22角でなく、ここで△86歩は▲同歩△同銀▲同銀△同飛▲77角△89飛成▲88飛△同飛▲同角△44角▲同角△同歩▲82飛打でこの時点で先手桂損ですが、桂馬もすぐ取り返せますし、玉の固さからいえば美濃囲いの方が固いので、先手有利っていうのが、確か定跡になってましたよね。なので△22角ですね。
37手目▲97角・・・9筋からの逆襲の手。27手目で▲96歩をついているから指せる手。これに対して、後手はまさか△84銀とは引けないので(▲64歩がある)38手目は△86歩。
40手目△94歩・・・当然角をいじめにきますよね。
41手目▲88飛・・・8筋から逆襲にいく。
ここで△84飛なら、▲67金と先受けして先手よし。
43手目▲85歩・・・気持ちいい突き出し。勿論ここで△96歩とは取り込めない。
44手目△76銀・・・△66銀を予想してました。△66銀なら▲同銀△同角に▲77銀とはじくつもりでした。△76銀はありがたいと思った。
46手目△96歩・・・後手が41金型なら、この手は成立しますが。。。

ということで、後手が42金型なら、▲96歩~▲97角という反撃手段が有効みたいです。端歩は突いておいて損はないというか、突けるなら突いておくべきなんですね。この9筋からの反撃手段は、昔、藤井九段が著書で紹介されてたと思います。かすかに覚えてました。本で復習します(笑)

そろそろ始動?

さてさて、お正月を故郷で過ごした人のUターンがピークとのこと。
私の会社も明日4日から始まります。
私の友人も正月明けから、米国出張だそうで、ご苦労様です。m(__)m
いまだ、日本から出た経験がない私は、海外出張と聞くと、それだけで凄いなぁなんて思っちゃいます。
一方で、私は4日、5日は有給休暇をとっていまして、もう少し休ませてもらいます^^;
8日まで休んじゃいます。

ただ、私も寝正月から、そろそろ始動します。
一つは勉強が待ってるんです(^_^;)。
ちょっとマイナーな資格なのですが、CATV関連の技術資格持ってまして、その資格更新のための勉強に取りかからなければなりません。更新のための課題審査があるんです><。この資格、仕事で使うということで昔とったのですが、その後、しばらくして、仕事の内容が全く変わってしまい、今は直接関係ありません。でも、まぁ、いつリストラされるかわからないこのご時世ですから、マイナーな資格といえど、資格は持っているにこしたことはないでしょうね。その他にも今年は新しい資格にもチャレンジしてみたいなんて思っています。

株式市場も明日の大発会から2007年がスタートですね。
私は05年のネット株ブームで、趣味で株を始めたいわゆる個人投資家のはしくれですが、昨年はライブドアショックや世界同時株安に巻き込まれ、散々な1年でした。05年、順調に利益を出すことができて「俺って才能あるんじゃないのか」なんて思いましたが、とんでもない思い上がり。05年は相場全体が良かっただけ。06年は結局、05年に出した利益を全て吐き出す結果に。全力買いしているときに、株価が急落してマジで眠れない日々もありました。私は人には株は薦めません。そんなに甘い世界ではないって良くわかりました。ただ昨年の急落は相当、いい経験にはなりました。今年はあまり感情を挟まずに、クールにいこうと思います。

で、将棋ですが、今年は24でなんとか三段にタッチしたいですね。
最近、Rも1800付近で安定してきてはいるので、目指すは24で”三段にとりあえずタッチ”でいきます(笑)。
クイーンさんのブログ「クイーン将棋ブログ」をリンクに追加しました。定跡の研究など詳しくなされていて、勉強させてもらっています。みなさんもご覧ください(^^♪。

箱根駅伝

完全にマターリモードです。

おもちを食べて、みかんを食べて、そして寝る。完全な寝正月(^_^;)。

まさに”くっちゃね””くっちゃね”。

美味しくゴハンが食べられて、ゆったりできるって、それだけで幸せ(^^♪。

その後、岩盤浴にも行ってきました。

このくらいゆったりできる時間があってもいいよね。


正月と言えば、箱根駅伝!

毎年、楽しみにしてるのですが、今年も往路からドラマ炸裂でしたね。

”山登りの神様”こと、順天堂の今井選手の走りは、素晴らしかった。

1位から4分ほど大きく離されてのスタート。

ところが、彼の足腰はバネでできているのか!?と思うような走り。

あの箱根の急斜面の登りを、跳ぶように駆け上がっていく。

ぶっちぎりのペースで一人、また一人と抜いていく。

最終的に往路優勝に導いた彼の走りは、ほんと胸のすくような走りでした。

高校野球の1球入魂もそうですが、この一瞬に全力をかけるきらめきっていいですよね!

私、単純なので、うぉー、俺も頑張るぞ~!なんてエネルギーをもらいました。

明日もどんなドラマが見られるのでしょうか。楽しみです。

P.S.
その勢いで、24に突入しましたが、三段の人にあえなく完敗。
将棋は気合だけでは勝てません(笑)

A Happy New Year!

あけましておめでとう

ございます

本年もよろしく

お願い致します

今年もマイペースで更新していきますので、よろしく!


ものぐさな私は、年賀状、年明けてから書き始めました(^_^;)。
作成には年賀状作成ソフトを使っているので、書き始めれば早いのですが、なかなか、始められないんです(^_^;)。
昨日、やっと郵便局に出してきました。年賀状くださった方、スミマセン(^_^;)
宿命のライバル

カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。