スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いですね

今年の夏は記録的な猛暑ですね。私はどっちかというと寒いよりも暑いほうが好きなのですが、それでも、今年の猛暑は参りました。クーラーは嫌いなんですが、それでもこの熱帯夜はクーラーなしには過ごせません。でも、クーラーつけっぱなしで寝ると、風邪ひいたりするんですよね。それがジレンマです。
さて、先日、ヤマダ電機に行ったのですが、そこでびっくりえぇ
クーラー売り場に行ったのですが、クーラーはどれもこれも品切れ!店に全くない状態。店員さんに聞いてみると、どれも品切れ状態で購入するにはメーカーから取り寄せしかないが、メーカーが夏期休暇に入っており、物によっては最悪、10月にならないと購入できないとか。。。。凄まじすぎますね。
 この暑さもそろそろ、落ち着いてくるようですが、体調など崩さないように、気をつけていきましょう(^^♪
さて、24の対局から。先手が私で30秒将棋です。この将棋は途中まで必敗の将棋で、途中、私の玉に詰みがありました。が、粘って指しているうちに、30秒将棋で相手もミス。この局面では逆転しています。ここから何とか勝ちきりましたが、良かったら考えてみてください。
20070826001.gif
スポンサーサイト

自作PC組み立て

私のお盆休みも今日で終わり。
帰省先から東京に戻ってきました。
明日から仕事復帰つらそうです^^;

ところで、帰省中はまたまた自作PCを1台組み上げました。
初めてのWindowsVistaマシンに仕上げました。
PCを自作するのも、趣味の一つと化しつつあります(笑)

続きを読む

夏だ!将棋祭りだ!

いやー、連日、暑いですね。
私は寒いのより、暑いほうが好きなんですが、それでもこの暑さには参りそうです(笑)おかげで、8月に入ってからBlogの更新が滞っています。(暑いのはBlogの更新に関係ないのでは?というツッコミはおいておいて(笑))
今日から実質、お盆休みに入るという人も多いのではないでしょうか?
ニュースを見ると、故郷に帰る帰省ラッシュがピークだとか。

さて私ですが、実は一足先に夏季休暇に入っておりました。そんでもって私の休みは14日までです。今、帰省しているのですが、15日からまた東京で会社に出勤することを考えたくないです。東京は灼熱の熱帯夜だろうなぁ(^_^;)。

さて、本題に戻って将棋ファンが夏を感じるといったらなんでしょう?

そうです。

将棋祭り!

続きを読む

トランスフォーマー

昨日から公開が開始された映画『トランスフォーマー』を観てきました。
あの『アルマゲドン』のマイケル・ベイ監督&スティーブン・スピルバーグ製作総指揮という、ハリウッドを代表する二人の映画と聞けば、私はそれだけで、観たくてうずうずしておりました(笑)。
 トランスフォーマーと聞くと、私はアメリカのイメージが大きいけど、株式会社タカラ(現タカラトミー)より発売されている変形ロボット玩具シリーズが元祖。生まれは日本なんだね。日本で生まれたものが『TRANSFORMERS』として米国内で大ヒット。漫画やアニメにもなり、日本には逆輸入されています。
 『アルマゲドン』の時もCGがすごいなと思ったけど、映画の中のCGはまさに圧巻そのもの!戦闘機が飛んできたと思ったら、突然、2足歩行ロボットに変形したり、軍事ヘリや自動車が2足歩行ロボットに変形する映像は、やるな!って感じです。昔のアニメで『マクロス』ってアニメあったよね。(古いって言わないで^^;。私は飯島真理が唄う「愛・おぼえていますか」って子供の頃、好きだった^^;)マクロスの中で、戦闘機が2足歩行ロボットに変形したりするんだけど、この映画の実写はアニメ以上だね。まさに圧巻でした。
 ストーリー的には単純。だけど、単純に楽しめる映画って、実は好きです。雰囲気的には、アメコミヒーロー物(例えば、スパイーダーマンやX-MEN)的な雰囲気を感じた映画でした。

まだの人は、こちらの予告編をどうぞ(Biglobe動画)。見たくなるよ~(笑)

transformer001.jpg

さばきのアーティスト

”捌きのアーティスト”と言えば、ご存知、久保八段ピース
私が藤井九段とともに好きな棋士の一人です。
その久保さんが、王座戦挑決で森内俊之名人を下して、王座挑戦を決めました。

王座戦、久保八段が挑戦を決める・6期ぶり2回目

棋聖戦では挑決で渡辺竜王に負けて、悔しい思いをしましたから、王座戦では是非、頑張ってほしいものです。でも相手は羽生さんですからね。簡単には捌かせてくれないでしょうが、久保さんの華麗な捌きに期待します。

昨年のNHK杯で藤井九段が解説の時に語った一言が忘れられません。

「振飛車党は、”ここで何かある”という局面で、何か指せないとダメ!」

振飛車は、基本的に相手が動いてきた時に、相手の力を利用して、技をかける戦法。”何かある”という局面で、捌きの手を発見できないと、ダメなんですね。私など、”何かある”という局面で、見過ごしてそのまま負けるということも少なくありません^^;。

「捌きのアーティスト」と絶賛される、その捌き!
存分に見せてほしいものです。
宿命のライバル

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。