スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一気に防衛?カド番をしのぐ?(第20期竜王戦第5局)

寒さが増してきましたね。私はコートを着て通勤するようになりました。
私は寒いの嫌いですうーん
スキーなど冬のスポーツは好きなんですが。。。汗;
07112853.gif
注目の第20期竜王戦第5局が始まりましたね。
渡辺竜王が竜王戦始まって以来となる史上初の4連覇に王手をかけています。
佐藤二冠はカド番。もう負けられません。
戦型は相矢倉から穴熊模様に。渡辺竜王が一気に防衛するのでしょうか。
流れは完全に渡辺竜王ですね。でも、12月に入る前に竜王戦が終わってしまうのも寂しいので、ここは佐藤二冠の巻き返しを期待したいところです。
竜王戦中継サイトはこちら
スポンサーサイト

渡辺竜王一気に王手なるか(第20期竜王戦第4局)

寒くなってきましたね。流石に通勤にコートが必要に感じられるような寒さになってきました。
乾燥するので、加湿器を出して、フル稼働させ始めました。今年は例年になく、インフルエンザの流行が早くて、学校ではもう学級閉鎖など相次いでいるとか。インフルエンザにはお気をつけください。
さてさて、渡辺竜王が竜王戦始まって以来となる史上初の4連覇に王手をかけるのか、佐藤二冠が勝って2−2のタイに星を戻すのか。注目の第20期竜王戦第4局が今日から始まります。タイトル戦を1日でも長く楽しみたい私としては、本局は佐藤二冠に勝ってもらいたいところですが、どうでしょうか。佐藤二冠は昨年はタイトル戦に出っ放しで対局過多でしたので、今年はその反動がきているのような気がします。いまいち調子が良くないように思われます。(と言っても、私のような素人レベルには解らないような、非常に高度なところでの話ですが。。。。)
いずれにしても今年最後のタイトル戦ですから、大熱戦を期待しています。
22日の大盤解説会いきたいんですよね。でも、仕事で出張が入ってしまいました。残念!
タイトル戦の大盤解説会って、面白そうで一度行って見たいと思っているのですが、なかなか実現しません。うーん^^;

竜王戦中継サイトはこちら

「ボーン・アルティメイタム」

私の今一番のオススメ映画はマット・デイモン主演のボーンシリーズです。
仕事帰りにレイトショーで「ボーン・アルティメイタム」を観てきました。
「ボーン・アルティメイタム」は2002年に公開されたシリーズ第1弾「ボーン・アイデンティティー」、2004年公開の第2弾「ボーン・スプレマシー」に続く三部作の完結編になります。ULTIMATEというと、WindowsVistaUltimateを思い浮かべる人もいると思うけど、Ultimateは”最後の”とか”究極の”という意味で、この映画のアルティメイタム(ULTIMATUM)は”最後通告”という意味。タイトルからして、もうそそられまくりでした(笑)
見た感想はというとこれが、事前の期待度を全く裏切らない、素晴らしい出来!(^^)!。
いやー、世の中にシリーズものの映画は多いといえど、第1弾~第3弾の完結編までこれほど3部作全てが良かったシリーズものは他に例がないくらいです。
私が思うにボーンの魅力は”瞬間の判断力”の凄まじさ。まさにコンマ何秒という世界で瞬間的に状況を全て把握し、次のアクションに繋げる凄まじいまでのスピード感。まさにボーンシリーズはスピード感と緊張感にあふれ、見るものを休ませないノンストップアクションストーリーです。また映画を盛り上げるサウンドは1~3までシリーズを通してのおなじみのもの。これが流れると頭の中でアドレナリンが一気に放出され、こちらまでボーンの置かれている立場「闘争か逃走か」といった心境になってしまいます^^;
そしてシリーズ通して、この映画の醍醐味はカーチェイス。見所が多い映画ですよ(^^♪

「アルティメイタム」は「スプレマシー」と密接に絡み合います。なので、これから映画を観にいく方は「アイデンティティー」「スプレマシー」としっかり復習してから観にいくことをお勧めします。特に「スプレマシー」のラストはしっかり見ておいてください。

映画館で是非!

「ボーン・アルティメイタム」オフィシャルサイト

佐藤二冠復調なるか?(第20期竜王戦第3局)

第129手目▲69金。
第2局の終盤は本当に衝撃的であるとともに、将棋の怖さを実感した1局でした。
071031129.gif
終盤を観戦していて、渡辺竜王の勝ちを信じて疑わなかった私でしたが、気がついたら一手で逆転。強い渡辺竜王でもこんな大逆転を食らうことがあるんですね。シリーズの流れは渡辺竜王と思っていましたが、果たして流れは変わるのか。注目の第3局が明日から北海道で始まります。
見所は佐藤二冠が本来の調子を取り戻すのかどうかでしょうか?
今期のA級順位戦では佐藤二冠は11月12日の今日現在でなんと5連敗ガビーン
信じられないですね。
本調子ではないのでしょうけど、佐藤二冠が5連敗とは、A級は何てレベルが高いリーグなんだろうかとも改めて思います。第66期A級順位戦の対戦結果表はこちら(将棋連盟サイト)
どっちが勝つにしても楽しみですアップロードファイル北海道に観にいきたいくらいです。

竜王戦中継サイトはこちら

「Always 続・三丁目の夕日」

今日から公開が始まった映画「Always 続・三丁目の夕日」をレイトショーで観てきました。
2005年に公開され大ヒットしたあの「Always 三丁目の夕日」の続編です。1作目が良かっただけに、正直、2作目はどうかなぁという期待と不安が入り混じる気持ちで観にいきましたが、笑えて、そして泣ける人情ドラマは健在!って感じです。とても心温まるいい映画でした。
舞台は前回から4ヵ月後の昭和34年春。私はこの時代を知りません。でも、観ているととても懐かしい思いが心の奥底から溢れてきました。そこはパソコンも携帯電話も何もない時代。だけど、そこで暮す人々の心は本当に豊かです。
これから観にいく人のために詳細のストーリーは書きませんが、始まった導入部分から、思わず意表をつかれる演出があります。また今回からの新しい登場人物も、物語を大いに盛り上げます。笑いあり、涙あり、感動ありの映画でした。オススメです。ただ、1作目を見ていない人は1作目を見てから観にいくことをお勧めします。
それにしても、最近の映画のVFXの技術は凄まじいですね。何の違和感もなく、昭和34年の当時を体験できました。

映画館では、普段の映画だと若いカップルが多いんだけど、今日は、おそらく40代、50代と思われる夫婦や家族連れの方がとても多かったです。それだけ若い人から、年配の方まで世代を超えて楽しめる映画だと思う。

BUMP OF CHICKENの新曲「花の名」が主題歌としてエンドロールで流れますが、思わず、涙がどっと溢れました。とってもいい曲です。映画を観た後なら尚更、ジーンときます。まさに映画とマッチした名曲です!動画系のサイトでビデオクリップが見れますので、是非、聴いてみて!これからヒットすること間違いなしの曲だと思います。

「Always 続・三丁目の夕日」
宿命のライバル

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。