スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17歳の新女流名人誕生

女流名人戦5番勝負の第3局。
挑戦者の里見香奈倉敷藤花が清水市代女流名人を破り、怒涛の3連勝で女流名人位を獲得しました。

ユニバーサル杯女流名人戦中継サイト

17歳の名人ですか...若い!

初めて里美さんに注目したのは、2007年のことでした。
当時の記事がこちら
里美さんは通称「出雲のイナズマ」と呼ばれる凄まじい終盤力で知られており、
いずれは女流のトップをいくだろうと思っていましたが、倉敷藤花と女流名人と二冠。
圧倒的強さですね。
振飛車が好きな私としては、里美さんが中飛車を中心として振飛車でバリバリやっているのも、勇気付けられます。
今後も応援してます


スポンサーサイト

渡辺竜王A級昇級!


渡辺竜王のブログでも既に報告されていますが、渡辺竜王がついにA級昇級を決めました!!!

渡辺竜王といえば、 弱冠二十歳で竜王位を奪取してから、竜王戦脅威の6連覇中。この若さで既に初代の永世竜王の称号まで獲得しており、私は次世代の名人候補No.1だと思っております。竜王戦での輝かしい戦跡と比べると、順位戦でのA級入りは若干、足踏みしたかなって感じはありますが、やはりくる人がきたなぁって感想です。そう遠くない将来、名人に挑戦する日もくるものと思われます。

一方で上がる人がいれば、B級に落ちる人もいるわけで。。。。

なんと、最終局を待たずして、佐藤康光9段がB級降級。。。。
A級ってどんな凄いところなんだって改めて思います。
藤井九段も最終局次第でB級陥落の危機。
何とか踏みとどまって欲しいものです。

スラムドッグ$ミリオネア

”主人公のジャマールは、大金のかかったクイズ番組で数々の難問に正解していき、ついに最終問題にまで到達する。しかし、スラムで育って無学であるはずの彼がクイズに勝ち進んでいったため、不正の疑いがかけられ、警察に連行される。そこで彼が語った、生い立ちとその背景は......”

DVDを手に取った時の第一印象はクイズを勝ち抜く映画かな?
っていう程度のもで、第一印象はそれほどでもなかった。
でも、いい意味で、大きく裏切られました。
こりゃ、凄い映画ですよ。事前知識も何もなしに見たので、なおさらでした。

”ミリオネア”と聞いて真っ先に思い浮かべたものは、みのもんたの『クイズ$ミリオネア』

「ファイナル・アンサー?」

そう、あの番組です。

あの番組は、日本のオリジナル番組だと思っていたけど、そうじゃないんですね。
映画が始まってすぐ、あのお馴染みの音楽が流れてきて、あぁ、あの番組は日本のオリジナルじゃないんだなってことが、映画を見始めてすぐ理解しました。(英国発の番組みたいです。)
でも、これで映画にすんなり引き込まれます。
(みのもんたの『クイズ$ミリオネア』を知らない人は、ルールを理解するまで苦労するかも...)

題名からは想像もできないほど、スケールの凄く大きな映画です。
真っ直ぐなまでの純愛映画であり、見る人に衝撃を与える社会派映画であり、そしてアメリカン・ドリームを描いた映画と言えばいいでしょうか。

主人公のジャマールの兄が、建築現場でつぶやいた言葉が、印象に残ってます。
「Now,i'ts all Business」・・・”今ではビジネスの街だよ。”
”インドは世界の中心になった。俺は世界の中心の ど真ん中にいる”
変わっていく兄と、変わらない弟。でも、その兄も最後はやっぱり変わってなかった。

見終わってから知ったのですが、2009年のアカデミー賞で8部門を獲得しているんですね。
それも納得。おススメの一本です。

宿命のライバル

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。