スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNHK杯(南 芳一九段VS郷田 真隆九段)

今日のNHK杯2回戦第16局 南 芳一九段VS郷田 真隆九段の一戦です。
解説は森下 卓九段。
第65期A級順位戦は現在4勝1敗でトップ三人が並んでいます。そのうちの一人が郷田真隆九段。好調を維持していますね。もっとも、私は4勝1敗のもう一人、藤井九段を応援しております。まだまだ先は険しいですが、藤井九段の名人挑戦を見て見たい気がします。
*第65期A級順位戦の途中経過はこちら

南九段は居飛車党ながら、最近は陽動振飛車的な将棋が多いとか。
本局も普通の将棋にはならず、序盤、陽動作戦をみせる南九段に対し、郷田九段はそれを咎め急戦から直球勝負。序盤から角銀交換へ持ち込み、攻める郷田九段、耐える南九段という構図になりました。
序盤では郷田九段の圧勝で終わるかと思ったのですが。。。あれって感じになりました。

NHK杯(南芳一九段VS郷田真隆九段)
感想戦を見た感じでは、郷田九段51手目の▲53角に対する、△55銀をうっかりしたみたいです。ここから、局面が一気に南九段に傾きました。
手がありそうで、意外と難しい局面。私も▲53角を予想していました(^_^;)どう指せばよかったのか私には解りません。なのでボナ君に指させてみました。ボナンザは51手目▲22歩を示しています。同金なら▲31角で今度は角成が受からない。なるほどねぇ。そんな手もありますか。

結局、その後、郷田九段が盛り返した場面もあったと思うのですが、最後は南九段が押し切りました。見ごたえのある終盤でしたが、今日、私が感心したのは、88手目南九段の△34角です。まさに攻防の名角!でした。地蔵流のニックネームを持つ南九段。苦しくてもじっと耐えて春を待つって姿勢に感服した一局でした。
スポンサーサイト

tag : NHK杯

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

僕も郷田九段の圧勝だと思いました。 あの居玉で攻められている状況は藤井システムの居玉より弱いのではないかと思ったほどでしたw
全然喋らない事で有名な南九段が感想戦で「わたしもその1手だと思いました」と喋った時はなんとなく興奮しましたw

>tyaruta19さん
ふっふっふ(^^♪
確かに、今日の居玉は藤井システムの時の危うさよりも、はるかに危ない形ですよね。
私なら一発でノックアウトを食らう型です(笑)
あの型で勝ちまでもっていくんだから、さすがプロですね。

南九段について、ネットで調べてみたらこんなエピソードまでありました(笑)
”不動でだんまりの南九段。TV番組であまりの沈黙の長さに困った司会の方が「南先生は地蔵流と言われているそうですが」と話しかけても、うつむいて「そうですね…」で終わってしまう。こうなると、将棋を知らない人にとってはつらい番組になる。”
ほんとに寡黙な方なんですねw。
宿命のライバル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。