スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNHK杯(南芳一九段VS石川陽生六段)

今日のNHK杯 3回戦第4局 南芳一九段VS石川陽生六段の一戦です。
解説は小林健二九段。

本局は振飛車が得意な石川六段に対し、南九段はあえて、石田流に誘導した感があります。石田流や立石流の得意な小林九段が解説するには、ぴったりな将棋になりました。
序盤、南九段は△72金と上がり棒金の構え。金銀を玉方に堅く囲う将棋が最新の石田流対策と聞きますが、△72金は従来からの対抗形ですね。棒金になるかと思いきや、5筋、6筋に金銀が集中する面白い形に。これが南流でしょうか。

NHK杯(南芳一九段VS石川陽生六段)
局面は△67金と打ったところ。ここが本局の分かれ目になりました。小林九段が解説で指摘されてましたが、ここで▲59香と受けておけば、先手が充分有望な将棋でした。▲48銀と引いた為に、後手の喰らいつきが成功してしまう形に。その後も先手のチャンスは一度ありました。85手目▲92飛の局面では、解説の小林九段の推奨手▲91飛が勝ったようです。以降は地蔵流炸裂!で徐々に駒得をしていった後手は負けない将棋になりました。
南九段は独特の指し回しですね。地蔵流という言葉の意味を改めて認識した将棋でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今週は関西滞在でしかも朝から遊びに出かけたので、ここで棋譜を確認するのを当てにしておりました。石川六段は地味な印象ですがテレビ棋戦は強いのでどうだろと思っていましたが、ポイントと言われた局面以降、南九段のねちっこく食らいつく指し回しが光りましたね。かつての二冠王も最近やや目立たないのですが、是非また大舞台への登場を期待したいと思います。

最近はNHK杯を見れなかったのでこのブログでNHK杯を観戦することが多くなってますw 今回は途中までしか見れなかったのですが、最初は南さんがかなり良かったように思えたのですが、また紛れたんですね(;^_^A アセアセ・・・ 途中、5五の地点までの「半駒柱」ができていて綺麗ですねw 

遅くなりましたが、メリークリスマス!

>ケンチャンアさん
南九段の将棋は不思議な将棋だなぁと思いました。先日の郷田さんとの対局でも、序盤圧倒的に不利になりながら、気がつくと必勝になっている。この将棋も、切れるかどうかぎりぎりの勝負かと思ってたら、気がつくと必勝の将棋になってました。苦しいときはじっと耐えて、勝負に持ち込むという地蔵流というニックネームがぴったりですね笑

P.S 
最近、関西の出張がないので、関西から遠ざかってます。久しぶりに行きたいなぁ。

>tyaruta19さん
NHK杯は毎週、お決まりになってきました(笑)。
ブログの記事は、観戦しながらほぼリアルタイムで書いています。
対局者が長考に入ったときが「さぁ書きどきだ!」ってな感じですね(笑)
この将棋は南さんがかなり良かったのですが、一時、逆転(?)して、また逆転という将棋だったように思います。
宿命のライバル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。