スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対57銀左急戦(自戦譜から)

久しぶりに自分の棋譜です。
と言っても、普段、24で指してて、なかなかブログで紹介できるような妙手ってないんですよねぇ~。とんでもない大ポカの手とか、笑えるネタならたくさんあるんですが(^_^;)みんなのブログで、妙手連発で24の自戦譜を紹介されているのを見ると、素直にすごいよなぁと思います。
というわけで、この棋譜も四間飛車の普通の対局なのですが、自分のために書き留めておきたいと思いましたので、紹介ではなく、自分用のメモです。今年はいずれこんな”将棋ノート”を作りたいなぁなんて思ってます。先手が私で、後手が二段の方です。

2007010401.swf
13手目▲78銀・・・後手が穴熊を目指すなら藤井システムでいくつもりでした。
27手目▲96歩・・・この歩は振飛車は突いておいて損はないというか、突けるなら突いておくべき手なんですね。理由は後の手順で。
36手目△22角・・・△22角でなく、ここで△86歩は▲同歩△同銀▲同銀△同飛▲77角△89飛成▲88飛△同飛▲同角△44角▲同角△同歩▲82飛打でこの時点で先手桂損ですが、桂馬もすぐ取り返せますし、玉の固さからいえば美濃囲いの方が固いので、先手有利っていうのが、確か定跡になってましたよね。なので△22角ですね。
37手目▲97角・・・9筋からの逆襲の手。27手目で▲96歩をついているから指せる手。これに対して、後手はまさか△84銀とは引けないので(▲64歩がある)38手目は△86歩。
40手目△94歩・・・当然角をいじめにきますよね。
41手目▲88飛・・・8筋から逆襲にいく。
ここで△84飛なら、▲67金と先受けして先手よし。
43手目▲85歩・・・気持ちいい突き出し。勿論ここで△96歩とは取り込めない。
44手目△76銀・・・△66銀を予想してました。△66銀なら▲同銀△同角に▲77銀とはじくつもりでした。△76銀はありがたいと思った。
46手目△96歩・・・後手が41金型なら、この手は成立しますが。。。

ということで、後手が42金型なら、▲96歩~▲97角という反撃手段が有効みたいです。端歩は突いておいて損はないというか、突けるなら突いておくべきなんですね。この9筋からの反撃手段は、昔、藤井九段が著書で紹介されてたと思います。かすかに覚えてました。本で復習します(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素晴らしい快心の棋譜ですね。うらやましい。この実力なら銀星には快勝ではないですか?

>将棋道楽家さん
この将棋は快勝でしたが、普段は私は大ポカが多いんです(^_^;)。
今日24で秒読みに追われてやった大ポカは、飛車を打ち下ろすときに、相手の駒が効いているところに打ち下ろしてしまいました(笑)
上手い人は大駒をタダ捨てして、その後に華麗な手を打ったりしますが、今日の私の手は完全なるほんとのタダ捨て(爆)。

銀星はなかなか良いです。銀星ツールは面倒くさがり屋の私には、最適なツールです(笑)。最近、AI将棋Ver13と銀星6(思考エンジン:Bonanza設定)を自動対局させて、それを眺めている時間が多くなってます。駒が自動で進んでいく雰囲気は、まるでネット中継のタイトル戦を見ているかのようです。
将棋道楽家さんのブログを参考にして、近いうち、記事書きますね。

P.S.
うちの近辺のビデオ屋には「春のワルツ」がないよー(^_^;)。車で探しに行きます。

居飛車で良く指していた形なのですが、振飛車側からこういう端角があるんですね@@
勉強になりましたm(__)m

私はブログとは別に自分用メモで残してるものもあるんですが、最近はちょとサボり気味だったりします^^;

>美代子さん
>私はブログとは別に自分用メモで残してるものもあるんですが、
これって、以前、17冊目に突入したと言われてた”ミヨノート”のことですよね?
私もブログとは別にノートつくりたいなぁと思ったのは、”ミヨノート”に見習ってのことなんです(^^♪。
昨年はできませんでしたが、今年から書き始めたいです(^^♪

快勝ですね^^勉強になります。

やはり端歩による形の違いや、はっきりした優劣の差があるんですね。わたしもこのような将棋をじっくり読み比べた上で指したいものです。

>これって、以前、17冊目に突入したと言われてた”ミヨノート”のことですよね?
 そうです よく覚えてますね^^;;
 私の場合、形勢判断を書いてみてそのあとこの局面どちらが良いんだろう? と「ほったらかし」にしてる事も多いのですが^^;

>toshiya9012さん
明けましておめでとうございます!今年もヨロシクですm(__)m
対急戦は序盤のほんのちょっとした違いで、有利不利ががらっと変わるので、難しいです^^;。この記事の反撃手段なんかも後手が42金直と上がってない形では、最後の角切りがないので成立しないんです。この”ちょっとした違い”を感じ取る力って、本読んだだけではなかなか身につかないのですよねー。難しいです。

>美代子さん
”ミヨノート”のことを聞いて、「美代子さんほどの人でも、こういう日々の積み重ねをしてるんだぁ。よし!私もノート始めよう!」と思い立ったんです。なので、覚えてました(^^♪。これで今年は24で三段を目指します(笑)。
宿命のライバル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。