スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤棋聖先勝!(第56期王将戦第1局)

第56期王将戦第1局。佐藤棋聖の先手で始まった将棋は、70手で千日手になり、指し直しへ。千日手指し直しの末、挑戦者の佐藤棋聖が羽生王将を降して、第一ラウンドは佐藤棋聖が勝ちました。


第56期王将戦第1局千日手指し直し局
今日は昼休みに局面を確認した後、その後、夜遅く帰宅するまで、一度も盤面を確認できませんでした。帰宅して、どうなったのかなぁって、なるべく結果を目に入れにようにして、棋譜リンクへ直行。1手目、2手目と再生していくと...「あれっ、ゴキゲンになっている!棋譜見間違えた!?」(@_@;)←この時点で気づいていない(笑)
と、数秒、パニくった後に、千日手かぁ!って気がつきました(笑)
指し直しになってたんですね(^_^;)

それから、改めて棋譜を見ていったのですが。。。
佐藤棋聖、やっぱり序盤から、魅せてくれましたね。
25手目の▲82角は当然の一手と思いました。が、それに対する28手目の△54飛~△95歩の構想には唸りました。打ち込んだ角が働けないのみならず、標的になっている!すげーよ、こんな構想あるんかぁと、しばし呆然としました。こういう新構想が次々と飛び出してくる。これが佐藤将棋の面白さですよね!
しかし、羽生さんも本局、敗れたとはいえ、最後まで超強気な指し手の連続!さすが、宿命のライバル同士の対戦ですね。

次の第2ラウンドは18、19日です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

強気の応酬

両者とも魅せますね~。飛車の転回の構想!感服です。

> と、数秒、パニくった後に、千日手かぁ!って気がつきました(笑)
同じく(笑)

△54飛はさすがというか、すごい手ですね。
最初見たとき、なんじゃこりぁ~と思いましたよ。
▲86歩も意味がわからなかったんですが、玉で端を受けに行った手なのでしょうか?
でも、結局受からなかったってことは、「お前はもう死んでいる」っていう状態だったのかな。
佐藤棋聖おそるべし!

ほんと強気の応酬でしたね!

>toshiya9012さん
>両者とも魅せますね~。飛車の転回の構想!感服です。
これは、流石だなぁと思いました。佐藤棋聖の研究手なのでしょうかね。
ほんと序盤から目が離せませんね(^^♪

>Ricoomさん
佐藤棋聖の構想にも驚かされましたが、羽生さんの超強気な指し手の応酬にも、驚きました。どちらも一歩も引かないって、感じですね(^^♪。
宿命のライバル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。