スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢倉は将棋の純文学(第56期王将戦第2局)

今日から第56期王将戦第2局でしたね。
いやー、私としたことが、勘違いしてました。
仕事で今週から、来週にかけて、一つのピークがきてまして、
それに忙殺されて、王将戦のことをすっかり、勘違いしてました。
明日からだと思い込んでいました。というより、明日は木曜日だと思い込んでいました(爆)

今日は別な記事書くつもりで、PCに向かってたら、たまたま今日から対局だったことに気がつきました(笑)
先ほど、やっと棋譜見ました。
矢倉戦ですね。
「矢倉は将棋の純文学」とか、「矢倉を制するものは棋界を制す」とか言いますよね。まさしく、がっぷり4つの戦いだと思います。本格的な戦いになるのは、明日の午後くらいからですかね。
振り飛車党の私は昔は、矢倉戦になると全く興味なしって顔してたのですが、最近は自分の指さない色々な戦法が、すごく新鮮に見えます。振飛車党などと枠にはまらずに、今年は居飛車も24で試してみたいと思ってます(^^♪。
第一日目の終了図はこちら。
20070119000328.gif

棋譜再現はこちらを参照くださいね(第56期王将戦中継サイト)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

矢倉は、端をつくタイミングが難しいですよね。
私はよくわからないので、いつもテキトーです^^;
がっぷり四つで明日が楽しみですね^^



こんばんは~

羽生さんの快勝でしたね^^;
いろんな戦法を試してみるのって面白いですね^^
(コメントちゃんと出来てますかねv-354

いらっしゃいませ~

>Ricoomさん
Ricoomさんは居飛車党だから、矢倉戦は多いのでしょうね。
私は振飛車党なので、純粋な矢倉はあまり経験がないのですが、相振り飛車での矢倉戦はかなり経験が多くなってきました。左右対称に引っくり返すと居飛車の矢倉戦のようですよ(笑)。確かに端歩をつくタイミングは難しいですね。相振り飛車の矢倉戦では、端歩は受けないときも多いですね。

>queenさん
こんばんは~(^^♪。
コメントありがとうございますv-218
第56期王将戦第2局の棋譜見ましたが、羽生さんの快勝でしたね。
流石、宿命の対決の二人!どちらも一歩も引きませんね(^^♪。
queenさんのブログで、戸辺新四段の紹介されてましたよね。
24で”「Xは誰だ」将棋世界新企画”と題して、プロ棋士の方がアマの挑戦を受けるというイベントやってますが、Xって、戸辺新四段じゃないのかなって、想像したりしてます(^^♪
宿命のライバル

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。