スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタバタしております。

ちょっとバタバタしておりまして、Blogの更新が滞っています。あ
それはおいといて^^;、これまでの出来事を整理すると、先日、6月28日、29日に行われた第65期名人戦七番勝負第7局で、森内俊之名人が挑戦者の郷田真隆九段に勝ち、名人を防衛!
 これによって、森内俊之名人は名人位を通算5期とし、永世名人(第十八世名人)の資格を獲得しました。谷川浩司九段(十七世名人有資格者)以来、10年ぶりの快挙ですね。

個人的には、次は羽生さんだろうと思っていたので、羽生さんより先に森内さんが達成したというのは素晴らしいです。

森内さんの将棋というと、やはり「鋼鉄の受け」。
守勢にまわることを苦とせず、しっかりした受けから、見事な反撃に繋げるその棋風は、真似しようと思っても、とても真似できるものではありません。私は将棋は精神力も対局に大きく影響を与えると思っております。失敗した時など、私など、それだけで、怯んでしまう事も少なくないのですが、森内さんは精神力が強いのでしょうね。それを思い知った第7局でした。というのもご存知のように第6局は、まさかというような、ありえない大逆転負けを喫したばかりでしたから、事前の予想は、郷田九段有利と踏んでいました。あんな負け方をした後で、気持ちも切り替えるというのは並大抵のことではありません。

新聞のインタビューで見たのですが、森内さん自身、第6局の負け方には苦しんだ時間もあったそうです。その重圧を見事跳ね返しての防衛、見事でした。その精神力の強さ、見習いたいものです。
これからも「鋼鉄流」で頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私も18世は羽生さんになるものと思ってました。しかしこの戦いを見て、永世名人にふさわしいと感じます。

精神力の強さは、鋼鉄の受けのほかに、自ら打開して踏み込む力にも影響してますね。私も見習いたいものです

toshiya9012さん
>精神力の強さは、鋼鉄の受けのほかに、自ら打開して踏み込む力にも影響してますね。
まさしくそうですね(^^♪。森内将棋は真似はできない領域ですが、その姿勢は見習いたいと思います(^^♪
宿命のライバル

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。