スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

611手の詰将棋

将棋道楽家さんのBlogで伊藤看寿作の611手の詰将棋が紹介されてましたガビーン
私も早速、AI将棋に解かせてみました(笑)

20070719_01.swf
AI将棋だとVer13でも、Ver14でも同じで、629手になります。
驚くべきは、詰みを読むまでのスピード!
私の2号機環境で9秒弱!(PCスペックはこちら
さすがにCOMはこういうのを解かせると、抜群のスピードで解きますね^^;。シングルスレッドのVer13とマルチスレッドのVer14で解く速度は変わりませんでした。少なくとも詰将棋モジュールは、単一スレッドで動いているようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

笑っちゃいました

この繰り返し!!!衝撃です。あ~、でも細かいとこ違うんだな~なんて感心。やっとルーチン終わったかと思いきや、また龍が(笑)おそろしい詰め将棋ですね。これを9秒ですか・・・PCもおそろしいですね。

9秒は凄い。やはりデュアルだからでしょうか?柿木も
かなり早かったですけど2分半はかかったと思います。
マシンは今pentiumⅢのノートしかないんで、ショボショボだからですかね。honeys55さんトライしていただいてありがとうございます。棋譜、だるかったでしょ(笑)

衝撃の繰り返し

toshiya9012さん
>この繰り返し!!!衝撃です。あ~、でも細かいとこ違うんだな~なんて感心。
こんなの読めませんよね~(笑)私はただただ眺めているだけでした^^;。しかし、629手もたった9秒で読むんだから、COMは恐ろしいですね。私は最初に局面を見るだけで9秒以上かかります^^;。

将棋道楽家さん
>9秒は凄い。やはりデュアルだからでしょうか?
まるでベンチマークテストを走らせている気分です^^;ソフトの性能というよりは、Core2Duoならではのハードのスピードによるところが大きいと思われます。(勿論、AI将棋の詰将棋モジュールはとても優秀ですが...)棋譜は私はただただ眺めてるだけでした^^;。
宿命のライバル

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。