スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡のプロ棋士 瀬川晶司の自叙伝

瀬川さんと聞けば、将棋にあまり詳しくない人でも、その名前を知っている人が多いと思う。昨年、多くの人に希望を与えた奇跡の人だ。

どんな世界でもプロになるのは難しいが、将棋のプロは特になるのが難しいので有名だ。
将棋のプロになるためには、プロ棋士育成機関である「奨励会」に入り四段にならなければならない。が、この奨励会には有名な鉄の掟がある。26歳までに四段になれなかったものは強制的に奨励会を退会させられ、それ以降二度とプロになるチャンスは与えられないという年齢制限がそれだ。10代から26歳にいたる年月といえば、人生の中でも青春の真っ只中。その青春の時期にひたすら将棋だけに打ち込んで人生の全てをかけて勝負してきた若者の大多数が、その年齢制限の前に夢敗れて去ってゆく。それが奨励会という戦場だ。毎年四段になれるものは片手で数えられるだけしかいない。

瀬川さんも、夢破れて、一度は夢をあきらめた一人だった。
その瀬川さんが、一度はサラリーマンになりながらも、プロ棋士になるという夢を追い続け、ついに日本将棋連盟が、瀬川さんのプロ棋士編入試験6番勝負を認めたニュースは将棋界のみならず、一般のマスコミを巻き込んで、連日大きく報道されたから、知っている人も多いと思う。私など6番勝負の瀬川さんの対局の勝敗に、まるで自分のことのように、瀬川さんが敗れたときは暗い気持ちになり、瀬川さんが勝ったときには、小躍りしたものだった。
最終的に、瀬川さんがサラリーマンからプロ棋士になるという夢を叶えたニュースが新聞の全国紙一面を飾ったことは記憶に新しい。

その瀬川さんが直々に書き下ろした自叙伝泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへを書店で手に取った。瀬川さんのことを書いた本は多くあるが、瀬川さん本人の視点で書かれたものは、現時点ではこれだけだと思う。

数日かけて会社から帰宅する地下鉄の中で読んだ。

読みながら思わず泣いてしまった。
電車の中で私は恥も外見もなく涙をため、涙で見えなくなるページを必死で読み続けた。
こんなことは初めてだった。
これから読む人のために内容は書かないけれども、思わず自分のことのように感情移入してしまう。それは私が将棋好きだからという訳ではなく、この本に書かれていることがフィクションではなく、瀬川さんの歩んできた人生そのものだから、心に強烈に訴えてくる何かがある。
瀬川さんのこの文才の高さにも、ただただ驚いた。

人生何事もうまくいくことばかりではない。でも「あきらめなければ夢はかなう」という勇気をもらえる本だ。
文句なしに私が今、自信を持って一番お勧めしたい本だ。
将棋は知らない人でも、また、下は小学生から大人まで読める本だと思う。全ての人にお勧めします。
nakimushi.jpg
泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近 私もHoneys55さんのブログ見るのが日課になってまして非常に楽しみにしております^^
ブログのタイトル通り"マイペース"で続けて頂けると嬉しいです(笑)
私は強豪アマ棋士のかた殆ど知らないのですが、瀬川さんだけは知っていました。
実は棋士の中で(アマも含めて)一番好きなのがこの瀬川さん(笑)
以前大阪に居た頃CATVで囲碁将棋チャンネル見てましてその時、銀河戦で(確か第9期で7連勝?)見たのが最初で衝撃的でした。
その時、何故か後手番が多く(絶対的不利と言う訳でも無いとは思いますが)、操作されてるんじゃ?みたいに思った物です。決勝Tではアマノッチ(先崎八段)に敗れましたが、容姿も含めて好きになりました(笑)
勿論喋ったことはないので分からないですが、控えめでシャイな感じが良いです。^^
と良いながらもまだ読んでないので読んでみたくなりました^^
長文失礼しましたm(__)m

>美代子さん
>最近 私もHoneys55さんのブログ見るのが日課になってまして非常に楽しみにしております^^

そう言っていただけるとは、とってもうれしいです!(=^▽^=)
タイトル通りマイペースで”がんばっていきまっしょい!”(ネタちと古いか(笑))

>実は棋士の中で(アマも含めて)一番好きなのがこの瀬川さん(笑)
なんかわかる気がします。私は昨年、いわゆる「瀬川問題」が報道されるようになるまで、瀬川さんのこと知らなかったんです。でも、プロ棋士編入試験の時には、もう自分のことのように結果に一喜一憂してました。我らサラリーマンの希望の星のような気がしてました。この本読んで瀬川さんの人柄にも惚れました。私の中でランキング大幅UPです。現在STOP高突入中です(笑)。

>アマノッチ(先崎八段)
(爆)美代子さん~噴出してしまいましたよw。確かに似てるかもw(^^)
でも、私、アマノッチは好きですよ(笑)

>控えめでシャイな感じが良いです。^^
本を読んだ印象でも、全編を通して、そんな雰囲気が漂っています。多分、本を読んだら、瀬川さんがもっと好きになって、もっと応援したくなると思います。本を読んで感じたことですが、瀬川さん本当に「将棋が好き」なんです。奇跡を起こした原動力はその一点につきるって言い切れるような気がします。瀬川さんの周りには、本当に素晴らしい恩師、ライバル、友人たちが登場しますが、みんなが瀬川さんを応援したくなる気持ちがわかりました。これからも頑張れ、瀬川さん!

>>アマノッチ(先崎八段)
>(爆)美代子さん~噴出してしまいましたよw。確か
>に似てるかもw(^^)
>でも、私、アマノッチは好きですよ(笑)
 どもども(笑)
 実は私の旦那アマノッチと先崎八段の中間って感じの容姿で眼鏡もかけてます(笑)

>>控えめでシャイな感じが良いです。^^
>本を読んだ印象でも、全編を通して、そんな雰囲気が>>漂っています。
おぉ そうなんですか^^
実はアマゾンで今頼んじゃいました^^
優しすぎる感じで勝負師向きの性格では無さそうな感じなのですが、これからも応援していきます^^

>実は私の旦那アマノッチと先崎八段の中間って感じの容姿で眼鏡もかけてます(笑)
いかにも、やさしそうな旦那様!(と想像してます)
アマノッチは女性に人気ありますよw~。

>実はアマゾンで今頼んじゃいました^^
本当に自信を持ってお勧めできる本です。読み終わるころには、さらに瀬川さんファン度UPと思いますよw。瀬川さんの文才の高さにも驚くと思います。私は最初から惹きこまれました。

>優しすぎる感じで勝負師向きの性格では無さそうな
本を読まれるから、あまり書きませんが、性格は確かに優しい感じが本から伝わってくるのですが、こと将棋に関しては、ものすごい自信とプライドを持っているということも感じました。盤面に望む時と、日常の性格には開きがありそうだなって感じがしましたよ。
宿命のライバル

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。