スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月のライオン

おすすめのマンガ紹介です。
友人から紹介されて読んだのですが、夢中で読みました。
あの『ハチミツとクローバー』の羽海野チカ先生の最新作『3月のライオン』です。

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ

白泉社 2008-02-22
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ

白泉社 2008-11-28
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このごろ『ハチワンダイバー』をはじめとして、将棋を題材にしたマンガが多いですね。
この『3月のライオン』の零(れい)という主人公の少年も若きプロ棋士として描かれています。
零は高校に通うプロ棋士。17歳で5段!でも、いろいろと心にトラウマを抱えていおり、心を閉ざし、苦しんでいます。彼の壮絶な生い立ちは、読み進めるにつれ明らかになります。そんな主人公を取り巻く人びとが、温かく支え、心をほぐしていく。そんな感じのマンガです。

本を持ったときの感想ですが、『ハチワンダイバー』並みの1冊の厚さに慣れていたので、なんか1冊が薄いなぁと思ったのですが、1ページ1ページがしっかり描いてあり、重みもあります。なので、1冊読むだけで十分読んだって感じがします。『ハチワンダイバー』が圧倒的な勢いで読ませるマンガなら、こっちは1ページ1ページしっかり読ませるマンガって気がします。

監修とコラムを担当するのは”先ちゃん”こと先崎学八段。
先崎学八段というと、以前、『山手線内回りのゲリラ―先崎学の浮いたり沈んだり』を興味深く読みましたが、先崎さんのコラムはやはり読む人を惹き付ける独特の書き回しです。対局の中に現れる局面一つとっても、将棋ファンにはたまらない局面もあります。先崎さんも気合入ってますよ(笑)。(ちなみに、『ハチワンダイバー』の監修は鈴木大介八段です。)『山手線内回りのゲリラ』のときも思いましたが、先崎さんは将棋を知らない人に将棋界のことを語るのがうまいと思います。将棋に深く入り込んだマンガですが、将棋をよく知らない人でも十分に楽しめるマンガだと思います。

『3月のライオン』ってタイトルの意味を考えています。
これも、徐々に明らかになるのかなぁ。3月で思いつくものといえば、「将棋界の一番長い日」が3月ですが、これと関係するのかなアップロードファイル

現在、発行されているのは2巻までですが、これから先も大変楽しみなマンガです。
おすすめですよ(^^♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

宿命のライバル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。