スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』

「NASAも検知できなかった宇宙からの流星群が世界各地に突然降り注ぐという事件が起きる。主人公ナンツ2等軍曹も、この非常事態にロサンゼルスの基地に召集される。当初、単なる隕石と思われていたものは単なる隕石ではなかった。そしてその直後、ナンツはかつてない過酷な戦いに遭遇することになる。 」

20110917001.jpg

今日から日本公開が始まった『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観てきました。
東日本大震災で日本公開が延期されていた作品です。

見る前のイメージ=エイリアン侵攻映画という図式だったので、「宇宙戦争」とかこれまでも結構見ていることもあり、あまり期待せずに行ったのですが、これは見にいってよかった。いい意味で裏切られた。内容的には戦争映画って感じがしました。侵攻に対する戦闘の派手なシーンばかりかと思いきや、結構、人の内面の葛藤やトラウマに焦点をあてたヒューマンドラマが描かれています。
主人公は退役願いを出したばかりのマイケル・ナンツ2等軍曹(アーロン・エッカート)
部下を前の戦争で失った苦しみを抱えており、その苦悩がこの映画の中で大きなテーマとなっています。

アーロン・エッカートかっこ良すぎです。軍人としてばかりでなく、一人の人間として素晴らしい。
まさしくこれがアメリカなんだなって感じ。
特撮映像は最高です。これどうやって撮っているんだろうというのを考えさせないくらい自然に観れました。
むしろ3D映画でなかったのもグッドな気がしました。

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』オフィシャルサイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

宿命のライバル

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。