スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記録は止まっても記憶は続く

”世界に誇れる日本人は誰か?”
こんな問いかけにダントツで名前が上がるのがイチローだそうです。
私も一番に名前を上げるのがやはりイチローです。
9/28、大リーグ/マリナーズの最終戦が行われ、今季イチローは184安打でシーズンを終えました。
昨季10年連続200本以上安打を記録し、今季も200安打以上が期待されていましたが、今年で記録はストップしてしまいました。11年連続200安打以上が途切れたイチローはインタビューで「なぜか晴れやかですね。実際に苦しい時期が2カ月くらいあったが、多分200本を続けることに対して区切りがついた。そこではないですかね。ようやく続けることに追われることがなくなったので、ちょっとホッとしている。」と、心境を語っています。
”打って当たり前”というのは、本人にとってはものすごいプレッシャーなんだと思う。
シーズン200本打つのも大変な記録なのにそれを10年当然のように続けてきたイチローを尊敬します。

そんなイチローの記録ストップとほとんど時を同じくして、将棋の王座戦で前人未到の20連覇を目指した羽生さんが挑戦者渡辺竜王に破れ、連覇の記録が「19」で止まりました。「連覇はいつかは止まることなので」と終局後、羽生さんはいつも通りの口調で語ったそうです。タイトル戦ともなるとトッププロ同士の勝負は五分と五分。時には勝敗が時の運で決まることもあると思います。そんな中での19連覇。考えただけでも想像を絶する記録です。
記録は止まっても人々の中で記憶は残り続けます。19連覇を続けてきた羽生さんは、私の中ではやはり”世界に誇れる日本人”です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

宿命のライバル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。