スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リアル・スティール』

riaru001.jpg

”舞台は2020年のアメリカ。人間に変わりロボットがボクシングを魅せる時代。主人公は夢をなくした元ボクサーと、母を失った息子。ゴミ置き場に捨てられた旧式ロボット”ATOM”との運命的な出会いをきっかけに、失われた父と息子の絆が。。。。”
製作総指揮はスティーブン・スピルバーグ/ロバート・ゼメキス他。監督は『ナイト・ミュージアム』シリーズを撮ったショーン・レヴィと制作陣はそうそうたる面々です。

年末にかけて映画館で映画を数本見てきましたが、私のこの冬の一押しオススメ映画です。

少し話がそれますが、2011年の今年の漢字は「絆」だそうです。3/11東日本大震災で、家族や友人と連絡が取れず不安な日々を過ごした体験は、改めて家族や友人知人、恋人、地域の人々との「絆」の大切さを思い知ったきっかけになりました。希薄になっていると言われる人間関係に日本中がはっと気付かされ、その絆の大切さを再認識した年だったのではないかと思います。
映画の主人公も最初、息子を引き取りに現れた亡くなった奥さんの妹に、信じられないような言葉を発しますが、後半にかけて失われた絆が再生していく様子が見事に描かれています。
ロボットファイトも素晴らしい。旧式ロボットの名前が”ATOM”なのですが、手塚治虫の鉄腕アトムを意識してるんだろうなぁって思う。映画の中でボクシングでATOMが大活躍する様子はまさに鉄腕アトムさながらです。
でも、やっぱり見所はロボットファイトよりも父と息子の絆の再生です。
是非、家族で見ることをオススメします。まさに親子で見に行くといい映画って感じがしました。

リアル・スティール公式サイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

宿命のライバル

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。