スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋会館へ行ってきた(その2)

昨日からの続きを書きます。

私、将棋道場で指すのも1年ぶり以上になります。
実は東京に出てきてからずっと、ネット将棋オンリーでした。
あるとき、ネットで指していた相手と感想戦を通して仲良くなり、将棋会館に行ってみないかと誘われて行ったのが初めてでした。
”これが将棋会館かぁ”って感動したのを昨日のことのように覚えています。

○第1局 
相手は初段の人。振り駒の結果、私が先手に。
最初、駒を持つ手が、少し震えました。武者震いってやつでしょうか。
やっぱり、駒を持って指すのはいいもんです。
戦形は相振り飛車に。私が勝って幸先のよいスタート。

○第2局
相手は二段の人。先手が私です。
隣を見ると、小学1,2年生くらいの女の子と、外人が指している。女の子の対戦カードを見ると13級と書いてあった。将来の女流プロの卵かなって、微笑ましくなりました。外人さんも人懐っこそうな人でした。しかし、私の相手は年配のいかにも強そうな感じの人。
戦形はまたしても相振り飛車に(笑)
第2局1図

後手が△6四歩とついてきた場面。これちょっと疑問に思いました。△6四歩をとがめる狙いで、▲7四歩と開戦。以下△74同歩▲6五歩△7七角成▲同銀△3三角▲6四歩△6七歩▲同飛△6六歩▲同銀と進行。でも、相手の方、どこかで思惑の違いがあった模様。次の△9二玉を見て、「これは指せる」と思いました。
第2局図2

▲9五歩△同歩▲9四歩△6四飛に対して、私が▲4六角と打った場面。後手は△6六飛とは走れません。△6三銀▲6四角△同銀に▲4一飛と打って、以下、短手数で私の勝ち。初段、二段の人相手に2連勝できるとは思っていなかったので、ここまでは上出来だと思った。

○第3局
次も二段の人との対戦だろうなと思ってたら、相手はなんと四段の人!。いやーびっくりしたー(@_@;)。私、四段の人に平手で指してもらうのは初めての経験です。将棋倶楽部24でも最高は二段の人との対戦までしかありません。負けて当然、自分の力が四段の人相手にどこまで通じるものなのか、胸を借りるつもりで臨みました。
▲7六歩△3四歩▲6六歩△6二銀▲6八飛△5四歩▲7八銀△4二玉
9手目

序盤、なんでもない局面ですが、ちょっとだけ悩みました。相手は明らかに穴熊狙い。この局面、将棋倶楽部24では私はかなりの確率で、▲38銀と指します。穴熊には「藤井システム」で穴熊に組ませる前に、急戦を仕掛けるって戦法です。しかし、藤井システムって難しいんですよね。ものすごくきれいに決まるときもあれば、こっちがボロボロにされるときもある。今回あえてじっくり指してみるかと思い▲4八玉と指しました。相手の四段の方は、それを見て少し怪訝そうな顔をしました。多分、”なんでこんなに早く4八玉って上がるんだ?”と思ったと思います。藤井システムがそれだけ、一般的な戦法になってきてるんだなってふと思いました。

▲4八玉△3二玉▲3八玉△5三銀▲7七角△3三角▲2八玉△2二玉▲3八銀△1二香▲6五歩△4四歩▲1六歩△1一玉▲5八金左△2二銀▲4六歩△2四角▲4七金△5二金右▲6七銀△7四歩▲7八飛△5一角▲5六歩△4三金
35手目

このあたりの駒組みも慎重に。▲3六歩~▲3七桂といきたいが、それは、△7三角~△3二飛から、△3五歩と桂頭の歩を交換されて、その後、金を繰り出してくる攻めがあります。角、飛車、金に玉頭から攻め込まれたのでは、一気に潰される。藤井システムの逆バージョンですね。▲3六歩はぎりぎりまで、見極めました。

▲1五歩△8四角▲5五歩△5二飛▲5八飛△3一金▲5六銀△9四歩▲3六歩△3三金▲3七桂△5五歩▲同 角△7三桂
49手目

ここで狙ってた手を出します。▲2五桂△4三金▲1四歩△同歩▲1三歩△同香▲同桂成△同桂に▲8六香です。これが指せて、そんなに悪くないはずだと思った。
57手目

△5四歩▲8八角△8五桂打▲7七桂△6六角▲8五香△同 桂▲同 桂△8八角成▲同 飛△5五歩▲6七銀△7七角▲9八飛△4二銀▲7三桂成△5三飛▲2六桂
75手目

▲2六桂が味のいい手だけど、先手も歩切れだし、ここでも、どっちがいいのか分からなかった。

△9五角成▲6四歩△同 歩▲7四成桂△7七馬▲5八銀△5六歩▲6四成桂△5五飛▲1四桂△1七歩
86手目

▲6四成桂が調子よく見えて、悪い手だったと思う。以下、5筋の飛車が端に回られて、苦しい展開に。

▲同 香△1六歩▲同 香△1五歩▲2二桂成△同 金▲1四歩△1六歩▲1三歩成 △同 金▲2六歩△1七歩成▲同 玉△1四香▲1六歩△同 香▲2八玉△1五飛▲2五桂
105手目

端はもう受からない。既に私は疲労困憊で手が読めなくなっている。2五桂は先手が食い付くとすれば、ここしかないと思った。

△1八香成▲3九玉△1七飛成▲1三桂成△2八成香▲4八玉△3八成香▲同 金△5九銀▲3九玉△1九龍▲2九金
117手目

△5九銀はありがたかった。△5七銀と打ち込まれるほうが嫌だった。▲2九金で粘れる形に。

△1三龍▲2五桂△1四龍▲1五歩△同 龍▲1六歩△同 龍▲2七銀△1四龍▲1五歩
127手目

ひたすら竜に食らいつく。この歩はとれないし、1二竜とも引けない。

△2四龍▲1三角△1二歩▲2四角成△同 歩▲4一飛△3一香▲3三香△2三角
136手目

▲3三香が間に合って、初めて良くなったと思った。これで、先手の攻めは簡単には切れないはずと思った。

以下▲9一飛成△4一桂▲3一香成△同 銀▲5二歩△5五桂▲3七金寄 △6六馬▲2八玉△4八銀不成▲5一歩成△3七銀成▲同 金△5七歩成▲4一と△4七金▲同 銀△同 と▲2一金△同 玉▲3一とまで157手で先手の勝ち。
157手目


勝ったー!内容はどうあれ、四段の人に勝ってしまった!
でも疲れたー。最後の3局目は1時間半を超える長い将棋だった。
最近、こんなに集中したことない。
3局で10局分くらい指した疲労感。
受付の人に「オー勝ったの~すごいねぇ」と誉められて、やっと実感が湧いてきた。しばらくこの気分に浸らせてください。
だってどうせすぐ「将棋倶楽部24」で叩きのめされる。(←これがいつもの私(笑))

たった3局でしたが、夜、6時を周っていたので、ここで退散することに。まぐれとはいえ、うれしい。(多分、もうないだろうが(笑))
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

強いですね^^
第2局、△64歩疑問に感じて即咎めた辺り機敏な一着だと思いました。
▲7四歩△同歩▲6五歩△7七角成▲同銀△3三角
この△33角に変えて△45角ならまだ粘れた感じだと思いましたが、やはり何か想定外な事があったんでしょうね。
やはり64の歩を飛車ではらったときに46や55角の王手飛車でしょうか?
しかし上手い指し回しですね^^

第3局も▲36歩~▲37桂を保留した辺り勉強になりました!^^

棋譜をつなげて再生してみました。
ハニーさんは、攻守のバランスがいいですね。
端から香と飛車で迫られた時はヒヤッとしましたが、しっかり守って逆転を許しませんでしたし。
ぱっと見、これといった悪手も無かったんじゃないかと思います。本当に素晴らしい(パチパチパチ)
結局、全勝ですか。しかも、4段に勝っている。
やはり、次は3段で申請しましょう。

>美代子さん
昨日までは興奮してたんですけど、改めて自分の記事読むと、なんか恥ずかしいです(笑)でも、私、超単純なので、美代子さんから”強いですね”なんて言われたら超うれしい(^^♪
>△33角に変えて△45角なら
いつも感心するんですけど、さすが美代子さんですね。^^;
確かに△45角は打たれたら対応に困りますね。▲8八飛と我慢するのは効かされ過ぎで、指したくないし。。。▲5六角も角交換のあと△7九角でしょ?
うーーん^^;どうさすんだろ(@_@;)
うーーん^^;

>Ricoomさん
>端から香と飛車で迫られた時はヒヤッとしましたが、
途中まで、そんなに悪くないはずだと思いながら指してたのですが、端に手が回ったときは、”あれー、やっちゃったかなぁ”と少し焦りました。調子にのって指してて、”あれー、あれー”っていうのは、私の専売特許なので(笑)

>やはり、次は3段で申請しましょう。
それは過大評価しすぎですよ~(^_^;)
宿命のライバル

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。