スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNHK杯(丸山忠久 VS 窪田義行五段)

今日のNHK杯2回戦第4局 丸山忠久NHK杯VS窪田義行五段の一戦です。解説者は藤井猛九段です。
藤井さんが解説に呼ばれるということは、居飛車対振飛車の戦いになるんだろうなぁと思ってましたが、予想通り。
ところで、私、最近、振飛車ばかりでなく、相手が振飛車の時は、居飛車を指してみようと試行しているのですが、当然ながら簡単にいきません。急戦を試しているのですが、なかなか勝てなくて苦労してます。時には相手が角道止めたので、振飛車と思って飛車先を突いていったら、私の全く知らない矢倉にされて、とても変な矢倉になったり、苦労しております(笑)

NHK杯丸山忠久NHK杯VS窪田義行五段
図は先手の窪田五段が▲97角と打った場面。どっちからも動きづらい場面でこんな手(構想)があるんだってびっくりしました。
今日は藤井さんの言葉で心にしみる言葉がありました。
「振飛車党は何かできそうだったり、できなきゃいけないときに手をつくれなければダメ!」
言葉を聞いて思わず、”うっ”と唸りました(笑)
私、最近、何か手がありそうだと思える場面で手を作れずに、そのまま負けてしまうということが結構あります。手を作り出す、というか、中盤の構想力が決定的にないんですね。(終盤の力もありませんがそれは置いておいて(^_^;))今日の将棋は面白かった。早指しでなければ、丸山さん有利な将棋には違いないんだろうけど、窪田五段の手を作り出す”構想力”に感心しました。
最後の玉頭から相手玉に迫る手順も大変参考になりました。
NHK杯前回優勝者が早くも消える、窪田五段会心の将棋でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Honeys55さん、UP はやっ!
さっき、NHK杯が終わったばかりなのに。(・∀・)チゴイネ!

本局はとても面白かった。そして、窪田五段が面白かった。
まず、膝を指でトントンとたたく仕草、顔を手で覆い隠す仕草が私のツボに入りました。
感想戦では、息してないんじゃないかというほど目一杯の一生懸命さ。
ちょっとキョドり気味(笑)だったのも人間味というか、親近感がありました。
将棋の内容が素晴らしかっただけに、そのギャップに私は笑いをこらえるのに必死でした。(窪田五段、すみません)

感想戦は、藤井九段が突っ走り気味の窪田五段をうまくさばいてくれたので、読み筋がよくわかりました。
あらためて将棋って奥が深いなあ、と思いましたよ。

ところで、本局でもうひとつ、私にピン!と来た事があります。
Honeys55さんって、丸山九段と窪田五段を2:1でブレンドした感じかなーって、勝手に思いました。
丸山さん風のまるーく、穏やかな感じと、窪田五段の将棋を考える時の一生懸命さがちょっと似ているかなあ、なんて。(神経質という意味ではないよ)
ちょっと思っただけなんで、深く考えないでください(笑)

>窪田五段が面白かった。
>まず、膝を指でトントンとたたく仕草、顔を手で覆い隠す仕草が私のツボに入りました。
Ricoomさん、よく見てますね~。
顔を手で覆い隠す仕草には私も気がつきましたが、膝を指でトントンとたたく仕草には気がつかなかったです。

>感想戦では、息してないんじゃないかというほど目一杯の一生懸命さ。
>感想戦は、藤井九段が突っ走り気味の窪田五段をうまくさばいてくれたので、読み筋が
>よくわかりました。
勝ったうれしさもあったのでしょうかね(^_^;)気持ちはわかるなぁ。前回の優勝者ですから。私も当然、丸山さんが勝つと思ってましたし。
藤井九段はさすがですね。感想戦もしっかりまとめてくれてましたね。

>Honeys55さんって、丸山九段と窪田五段を2:1でブレンドした感じかなーって、勝手
>に思いました。
>丸山さん風のまるーく、穏やかな感じと、窪田五段の将棋を考える時の一生懸命さがち
>ょっと似ているかなあ、なんて。(神経質という意味ではないよ)
ありがとうございます。自分で言うのも変ですが、確かに性格は穏やかなほうだとは思います。”窪田五段の将棋を考える時の一生懸命さ”ほどの一生懸命さがあるかどうかは、疑問ですが(^_^;)

振り飛車恋愛論

窪田五段は、膝の前で駒を動かすような仕草もしていましたね。読み筋を確かめるかのように。
それがなんとなく、アマチュアっぽかったです。

あらためて、Honeys55のブログを読み返したのですが(俺も暇だなー)、
「振飛車党は何かできそうだったり、できなきゃいけないときに手をつくれなければダメ!」というのは、恋愛におきかえて読むと面白いですね。
お互い、何かできそうだったり、できなきゃいけないときに手をつくれるように日々精進しましょう。
とりあえず、美味しい食べ物屋さんでも探しますか・・・

詰み手順

本譜は▲1四歩までで先手の勝ちになりましたが、代わりに▲1三金の王手で詰みがありました。13手詰めですが、難しくないので考えてみて下さい。

> 13手詰めですが、難しくないので考えてみて下さい。

暇なので、考えてみました。
なるほど、なるほど。詰んでますね!
私でも解けました!ワーイ。
▲1三金打に△3二王は、▲4三銀打△同銀▲同桂成△同銀▲3三銀打△4一王▲4二金打までの9手詰め。
▲1三金打に△同王は、▲1四歩△2二王▲1三歩成△3二王で、以下上記手順と同じで13手詰め。

>Ricoomさん

>あらためて、Honeys55のブログを読み返したのですが(俺も暇だなー)、
>「振飛車党は何かできそうだったり、できなきゃいけないときに手をつくれなければダ
>メ!」というのは、恋愛におきかえて読むと面白いですね。
「恋愛感想戦」の記事を読んでくれたのかなぁ?確かに恋愛においても当てはまるかもしれませんね(笑)こっちでも、最近、手作りができていない私(^_^;)

>通りすがりさん
詰み手順あったんですね。御指摘ありがとうございます。
私でも解けました。良かった。
最近、詰め将棋解いているんですが、10手を超える詰みを探していて、途中まで読んでおきながら最後の3手を読み切れなかったりしてます(^_^;)
詰み手順を探すのも奥が深いです。

見ました~

まさか窪田五段が勝つとは・・・。 大金星ですね。
序盤が上手いですね。 後手にあの囲いにさせて自分は銀冠に組めたら気分的に振り飛車もちたい気分です。  

いらっしゃいませー

>tyaruta19さん
いらっしゃいませー(^^♪

>まさか窪田五段が勝つとは・・・。 大金星ですね。
私も丸山九段が勝つと思って見てたので驚きました。
序盤で4枚銀冠に組ませなかったのが、一つの勝因なんでしょうかね?
序盤から細かい駆け引きありましたね。

それにしても、窪田五段の構想は参考になりました。
私もこういう将棋になるケースもあるんですが、私の場合、構想力がなくて、手詰まりになってしまいます。(^_^;)
参考になりました。面白い将棋でしたね。
宿命のライバル

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。