スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNHK杯(久保利明八段VS行方尚史七段)

今日のNHK杯。2回戦第6局 久保利明八段VS行方尚史七段の一戦です。
解説は中田功七段。

先週の藤井九段とともに、私が好きな棋士の登場で楽しいです。
ご存知、久保利明八段は捌きに定評がありますよね。”捌きのアーティスト”なんて言ってましたが、うらやましいなぁ。
私の普段の将棋なんかは、言ってみれば”なげきのアーティスト”って感じです(笑)。

でも、本局は、久保八段の華麗な捌きがいまいちだった気がしました。

NHK杯(久保利明八段VS行方尚史七段)
59手目の▲18角。
ここに打つ角は、いい手になる場合が多いといいますが、まさに急所を睨む一手でしたね。久保さんの右に残った金や銀、桂が働かない型ではつらいなぁと思って見てました。

ところで、久保利明八段も行方尚史七段もサウスポーなんですね。
久保八段の前傾姿勢からの左手の指し手も印象的でしたが、行方七段の左利きは知りませんでした。

行方七段が久保八段の捌きを上回った一局でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

宿命のライバル

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。