スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月のライオン

おすすめのマンガ紹介です。
友人から紹介されて読んだのですが、夢中で読みました。
あの『ハチミツとクローバー』の羽海野チカ先生の最新作『3月のライオン』です。

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ

白泉社 2008-02-22
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ

白泉社 2008-11-28
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このごろ『ハチワンダイバー』をはじめとして、将棋を題材にしたマンガが多いですね。
この『3月のライオン』の零(れい)という主人公の少年も若きプロ棋士として描かれています。
零は高校に通うプロ棋士。17歳で5段!でも、いろいろと心にトラウマを抱えていおり、心を閉ざし、苦しんでいます。彼の壮絶な生い立ちは、読み進めるにつれ明らかになります。そんな主人公を取り巻く人びとが、温かく支え、心をほぐしていく。そんな感じのマンガです。

本を持ったときの感想ですが、『ハチワンダイバー』並みの1冊の厚さに慣れていたので、なんか1冊が薄いなぁと思ったのですが、1ページ1ページがしっかり描いてあり、重みもあります。なので、1冊読むだけで十分読んだって感じがします。『ハチワンダイバー』が圧倒的な勢いで読ませるマンガなら、こっちは1ページ1ページしっかり読ませるマンガって気がします。

監修とコラムを担当するのは”先ちゃん”こと先崎学八段。
先崎学八段というと、以前、『山手線内回りのゲリラ―先崎学の浮いたり沈んだり』を興味深く読みましたが、先崎さんのコラムはやはり読む人を惹き付ける独特の書き回しです。対局の中に現れる局面一つとっても、将棋ファンにはたまらない局面もあります。先崎さんも気合入ってますよ(笑)。(ちなみに、『ハチワンダイバー』の監修は鈴木大介八段です。)『山手線内回りのゲリラ』のときも思いましたが、先崎さんは将棋を知らない人に将棋界のことを語るのがうまいと思います。将棋に深く入り込んだマンガですが、将棋をよく知らない人でも十分に楽しめるマンガだと思います。

『3月のライオン』ってタイトルの意味を考えています。
これも、徐々に明らかになるのかなぁ。3月で思いつくものといえば、「将棋界の一番長い日」が3月ですが、これと関係するのかなアップロードファイル

現在、発行されているのは2巻までですが、これから先も大変楽しみなマンガです。
おすすめですよ(^^♪

居飛車党宣言?

私の好きな藤井九段が居飛車党宣言をしたとかしないとかという記事を以前書きました。(そのときの記事はこちら
その影響でしょうか汗;。私も四間飛車しか指さない生粋の振飛車党だったのですが、ここ最近、24にいくと居飛車を多く指してます。決して振飛車が嫌になった訳ではないんですが、やっぱり、色々な戦型を指してみるのはいいものです。また飛車を振るときも四間飛車だけでなく、石田流やゴキゲン中飛車と以前、指さなかった戦型を好むようになりました。居飛車は定跡から知らなかったのですが、今やっているNHK森下卓九段の将棋講座を録画しては、空き時間に見ています。上級者の方から見たら印象は違うのかもしれませんが、居飛車初心者マークばりばりの私からしたら、非常に参考になります。居飛車初心者ですから勝てないだろうなぁとおもいきや、意外と勝率も悪くないので、驚いています。意外と居飛車のほうが合ってたりして。最も初心者だけあって”一発”を食らって即投了ってケースも勿論あります(笑)

ゴキゲン中飛車は本を眺めて基礎を覚えました。はじめから勉強するには、やはり本家本元の近藤六段の本がいいですね。私が読んだ本は、

この2冊で基礎は十分。流石、ゴキゲン中飛車の創始者だけあってわかり易い内容です。初心者から中級者までこの2冊でいいと思います。

石田流とゴキゲン中飛車で中級者、上級者向きの本で私が読んだのは戸辺4段の著書。

内容的に初心者は難しいかもしれませんが、中級者~上級者にオススメです。

居飛車は初心者マークばりばりなので、よくわかりません(^_^;)。オススメの本とか詳しい方、よろしければ紹介待ってます(笑)

銀座の屋台

振飛車党のカリスマと言えば、そうです藤井九段ピース
言わずと知れた「藤井システム」の創始者であり、振飛車党の憧れ的存在であり、藤井九段を真似て振飛車を指し始めたという人も多いことと思います。私も好きな棋士は?と問われたら、迷わず藤井九段の名前を上げます。私が振飛車を指し続けているのも藤井九段の影響と言っても過言ではありません。そのくらい影響を受けた棋士です。

そんな藤井九段が何と、「居飛車党宣言」をしたとかしないとか。

藤井九段公認の応援サイト「鰻屋本舗」に興味深いコメントが寄せられていることを知りました。
興味のある方は是非、ご覧ください。こちら

藤井九段と言えば、解説の際のトークも巧いですよね。
このコメントの中にも、藤井九段らしいユーモアがちりばめられてあって、笑っちゃいました。
銀座の高級レストランも美味しいだろうけど、屋台で食べる料理だって美味いよ!
頑張れ藤井九段!

Blog友達のAさんに、YouTubeにこんな投稿もあることを教えて頂きました。爆笑でした。

ハチワンダイバー

今更かもしれませんが。。。

最近、超、はまってます。

「ハチワンダイバー」

マンガは好きです。でも、最近、マンガを読むこと自体少なくなっていました。
「ハチワン」はかなり以前から、話題になっていたことは知ってましたが、、、
正直、ここまでとは思わなかった。

「超、おもしれぇ!(^^)!」

1巻だけ始め買ったのですが、一気に7巻まで買い揃えました。

これって将棋を知らない人が読んでも、すごく面白いと思う。
もちろん、将棋を知っていれば、もっと面白い。

私のお気に入りは、第4巻の”二こ神さん”と”海豚七段”の激闘シーン。ページで言うと92~93ページ。大迫力です!

こんなハイテンション将棋マンガは、見たことがない。

まだの人は、是非! この面白さにダイブ!

DVD「棋士名鑑 谷川浩司」発売記念トークライブ

今日は久しぶりに新宿へ行ってきました。
目的はDVD「棋士名鑑 谷川浩司」発売記念トークライブです。アップロードファイル

080120_0001.jpg
将棋界でも、Biglobeストリームでの動画配信など、ファンの人向けの番組の映像配信が進んできましたが、でも、私の知る限り、将棋界でDVD発売というのは初めて?でないでしょうか。えぇ

今日はそのDVD発売を記念して、新宿紀伊國屋サザンシアターにてトークライブが開かれました。
内容はトークショー、講演、サイン会の3部構成でした。
トークショーは、出演が谷川浩司九段は勿論のこと、矢内理絵子女流名人、鈴木環那女流初段の3人という私にとっては超豪華メンバー。(私、お三方のファンです(笑))
矢内さんと鈴木さんが谷川九段に対して質問を投げかける形で楽しいトークショーでした。
始まる前は、棋士の方のトークショーってどんなんだろ!?って思いながら、聞き始めたのですが、流石、普段、タイトル戦の解説会などで、解説や聞き手を務めているだけあって、話はみなさん巧いですね。面白かったです。
谷川九段というと、私の印象は「真面目」。でも、冗談を織り交ぜ、会場の笑いを誘いながらのトークショーで楽しかったです。個人的には、矢内さんと鈴木さんの名質問コンビの、天然?ながら笑いを誘う発言がナイスでしたアップロードファイル随所で笑わせてもらいました。アップロードファイル

その後の谷川九段の講演では、谷川九段の将棋に対する想いが熱く語られました。こういう講演って好きです。私はオリンピック選手など、スポーツ選手の講演会などにも、機会が合えば、出かけていって話を聞きに行きます。その分野、分野で活躍している人の話を聞くのって、職業こそ違えど、得るところが大いにありますし、その熱き思いを知ることで、もっと応援したくなったりもします。将棋界でも、こういう機会が増えればいいなと思います。東京だけでなく、地方でも話を聞きたい人が多いと思います。もっと多くの場所で、こういう機会が増えると将棋に関心を持つ人が増えるんじゃないかな。
今日は夫婦で来ている方も多かったのですが、私の隣に座った夫婦は、奥さんのほうは将棋はあまり詳しくないようでしたが、トークショーや講演をとても楽しんでいる様子でした。こんな感じでファン層が増えるといいななんて思います。

最後は谷川九段のサイン会でした。
会場にてDVDを購入した人に対し、あらかじめ用意してあるDVDパッケージに谷川九段が目の前で直々にサインです。 当初、先着100名ということでした。
私、昨日は仕事で休日出勤で遅かったので、今日はNHK杯が始まるころにやっと起き、NHK杯を見てから会場に向かったので、会場についた頃は、既に100名に達してしまっているだろうなぁって、諦めていました。
(ちなみに会場で野月七段?(多分)をお見受けしました。NHK杯での解説を見てから家を出たので、思わずあれっ?なんて。。。(笑)。NHK杯は録画でしたね。)

ですが、谷川さんの好意で先着100名から漏れた人にも、サインが貰えると聞いて嬉しかったです。

で、こちらが、DVDのパッケージに貰ったサインです。目の前でサインをして貰って、握手していただきました。
080120_0002.jpg
谷川九段お疲れ様でした。総勢百何十名もにサインするのは、相当きつかったと思います。
(なんせ、私も気楽に待っているだけでしたが、それでも最後のほうだったので、相当な時間でしたから)
宝物にしたいと思います。

谷川さんの話の中でも語られましたが、谷川さんは「神戸大使」を務められているとのこと。
サインを貰う時に神戸大使の名刺も頂きました。
080120_0004.jpg
詰将棋を作るも好きだという谷川さんの名刺の裏には、詰将棋が印刷されています。
9手詰めで「詰めたら初段」だそうです。谷川さんらしいですね。

楽しい時間を過ごせました。
谷川九段、矢内女流名人、鈴木女流初段ありがとうございました。アップロードファイル

とっておきの相穴熊

年末に購入して、この正月休みに読んでいた本をご紹介します。
その名もずばりとっておきの相穴熊
広瀬五段とアマ七段の遠藤正樹さんとの共著となっています。

広瀬五段と言えば、穴熊の天才とも評されているそうで、何と穴熊に囲った時の勝率が8割にもなるそうです。振り飛車穴熊は、相手に居飛車穴熊に組まれて、相穴熊になったときに勝率が芳しくないというのが定説。しかしながら、広瀬五段は振り飛車穴熊側を持って、相穴熊の戦いで驚異的な高勝率を上げています。
一方、遠藤正樹さんは穴熊の第一人者で、通称「アナグマン」の異名を持つとか。
この本は、二人のまさに、プロとアマの穴熊スペシャリストによって書かれたプロ・アマコラボレーション本になっています。広瀬五段と遠藤アマとの対話形式で、お互いの意見を述べ合う形で、局面の解説が進められますが、さすが、どちらも穴熊のスペシャリストだけあって、その感覚は素晴らしいものです。駒を何枚渡そうが、絶対に自玉が詰まない状態を”ゼット”と呼びますが、この本では、ゼットに対する感覚と終盤の速度計算に主にスポットを当てて、相穴熊の戦い方について解説されています。

私も穴熊を指すときに感じるのですが、相穴熊というのは、独特の感覚が必要になってきます。普通は、何局も何局も指しこなすことで、段々と身につけていくようなものなんでしょうが、この本ではその独特の相穴熊感覚について述べており、大変、参考になりました。

対居飛車穴熊の決定打と言われた藤井システムも、最近は対策が進んできたことと、もともと玉が薄いこともあって、なかなか指しこなすのは難しくなってきていると思っています。
相手に穴熊に組まれたときに手を焼いている皆さん(私もそうですが(^_^;))、こちらも穴熊に囲って、相穴熊で戦ってみましょう!
穴熊に手を焼いている人のみならず、穴熊を極めたいと思っている皆さん、おすすめですよ(^^♪。

才能とは、努力を継続できる力

24で指しながら(最近、なんかしながら24で指しているので、勝率が全く上がりません(笑))、なにげなくTVをつけたら、画面に羽生さんが。。。
まじっ!って慌てて、HDD録画をONにしました。

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で、クリスマス・スペシャルと題して、特に「心に響いた流儀」を視聴者から募集して紹介していました。
「プロフェッショナル仕事の流儀」では、羽生さん特集が何度か放送されており、その度に、将棋にあまり興味にない人まで大きな反響があったと記憶しています。2006/7/13放送「直感は経験で磨く」と、2006/11/23放送「トークスペシャル」です。私のブログでも記事にしました。(過去の記事はこちら

20071225001.jpg

番組では心に響いた数々の流儀を紹介してましたが、見てください。
心に響いた流儀1位は「才能とは、努力を継続できる力」!

改めて思いますが、羽生さんは国民的なスターですね。

史上最年少で1000勝を達成したことにも、話が及んでしましたが、羽生さんは「まだまだ長い道のりを歩んでいく。そういうつもりです。」と答えておられました。

「才能とは、努力を継続できる力」

心に響きますね!


P.S.遅れましたが、メリークリスマス!

羽生さん1000勝達成!

本日はまず20日の羽生さんの偉業達成の話題から。
既に将棋連盟サイト以外でも、一般各社ニュースサイトでも大きく取り上げられましたので、将棋ファンのみならず、普段はあまり将棋に興味のない人の間でも、もう周知の事実ですが、羽生さんが20日の第66期名人戦A級順位戦で久保利明八段を下し、公式戦通算1000勝を達成しました。

羽生二冠の1000勝達成は歴代8人目。37歳での到達は史上最年少。達成速度記録1位(22年0ヶ月)。勝率記録1位(0.728)と全てが記録ずくめの達成です。
羽生さんの1000勝達成の記事はこちら(日本将棋連盟サイト)

遠山雄亮四段のブログ(遠山雄亮四段のファニースペース)で読んだのですが、棋士の平均年間勝数というのは14勝位なんだそうです。平均以上に強い棋士が年平均20勝あげたとしても50年かかる計算だそうです。それをたった22年で達成してしまう羽生さん。改めて凄すぎますね。

羽生さん、本当におめでとうございます。

偉大な記録ですよね。でも、羽生さんも語っていますが、ひとつひとつの積み重ねの結果なのですね。羽生さんにとっては単なる一つの通過点にしか過ぎないと思います。
将棋という文化が、この先何十年、何百年と続いていっても、永遠に語られる「伝説の棋士」となられると思います。大げさかもしれませんが、1将棋ファンとして同じ時代を生きていることをうれしく思います。
宿命のライバル

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Honeys55

Author:Honeys55
将棋好き。
生粋の振飛車党。
将棋倶楽部24で活動。
Rは三段2000~四段2100前後。
将棋以外の趣味は映画・パソコン・株・スキーなどなど。

オススメ将棋本
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
オススメ将棋ソフト
お友達のBlog
楽天市場
ブログ内検索
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。